2013年 07月 02日

韓国に興味を持った理由

私が昔、大学に通っていた頃、韓国は厳しい独裁政治下にあり、日本では韓国人に対するものすごい差別が続いていた。部活に在日の非常に優秀な先輩がいたが、学問の道に進みたいという彼の希望は見通しが全くたたず、官庁や企業への就職も差別が歴然と行われていた。

先輩には結婚を考える日本人の恋人がいたが、彼女は結婚を両親に大反対され、卒業後すぐにお見合をして、日本人と結婚してしまった。傷心の先輩は日本での大学院進学をあきらめ、カナダの日本企業に就職。韓国でお見合いをしてすぐに結婚し、そのままカナダに移り住んだ。

私の親も韓国人は忌み嫌い、結婚相手が韓国人だったら、大反対しただろう。そんな時代だった。

日本人の韓国人、朝鮮人に対するひどい差別は、いつ頃から始まったのだろうか。韓国併合の前からだろうか。それが10年前突如として湧き上がった「冬のソナタ」のヨン様ブームを背景に、日本人、特に女性の韓国人に対する見方が大きく変わった。あれだけ差別をしていたのに、一転して憧れの対象となった。そしてここ数年の韓国の目覚ましい経済発展がある。

韓国へ行き、日本人が韓国の人たちに対して、何をしたのかを知るとともに、韓国人はどういう人達なのか、韓国の発展はどういうことなのかを、実際この目で見てみたいと思った。それが韓国へ行った理由だ。そして素晴らしい韓国の人たちと知り合い、韓国の文化、歴史にますます興味を抱くようになった。本当に不思議な流れが続いている。

# by dabadabax | 2013-07-02 00:29 | 韓国
2013年 07月 01日

2013年5月韓国への旅

「1人で行くんですか」

「そうですが」

「すごいですね!」

2013年5月、韓国は済州島(以下、チェジュド)の港から、韓国の南にある木浦(モッポ)まで、フェリーに乗ろうとしたとき、パスポートを調べる係りの若いお姉さんに真面目な顔で日本語で聞かれた。1人でフェリーに乗って木浦まで行く日本人の女性は、とても珍しいのだろう。アメリカはマイアミまでNBAの試合を見に行く私としてはそんなにすごいことではないけど、外国人に慣れているはずのお姉さんにとっては、すごいことだったのだろうか。

韓国語がほとんど分からなかった2年前の6月、光州で開かれたJYJのコンサートに1人で行った際、本当に偶然に出会った韓国人の人たちと友だちになった。今回はその1人、チェジュドの大学で教えることになり、移り住んだお姉さんの招きで、友人とともにチェジュドへ行った。そして友人が帰国した後、1人で光州へまた行った。

各地でまた素晴らしい人たちを紹介して頂き、信じられない交流の輪が広がっている。現地の人しか知らない素敵なところへたくさん案内してもらった。そして美味しい、美味しいものをたくさん食べ、ご馳走になった。日本の人にも是非知って貰いたいと思い、少し書いてみようと思う。

2年前に行ったJYJのコンサート、そこで出会った姉妹に1年前に連れて行ってもらった慶州、安東については、こちらのブログにまとめてあります。読んで頂ければ幸いです。

# by dabadabax | 2013-07-01 23:55 | 韓国
2013年 06月 21日

ヒート、2連覇達成!!!

現地20日、マイアミで行われたファイナル第7戦、ヒートが追い上げるスパーズを退け、95-88で勝利。壮絶な死闘となったファイナルを制し、2連覇を達成した。チーム一丸となった素晴らしい優勝だった。ファイナルMVPは勿論、レブロン・ジェイムス。凄まじい存在感を示した。

敗れたスパーズが第6戦残り28秒、ジノビリがフリースローを決めて94-89とリードした時には、優勝セレモニーの準備が着々と進められていたそうだ。まさかその後、レブロン、レイ・アレンに3ポイントを決められて同点に追いつかれ、オーバータイムで敗れるとは思ってもいなかっただろう。

そして第7戦も残り2分にレオナルドの3ポイントで2点差に追い上げた後、ミスが相次ぎ、追加点を挙げられないで終わったことは、さぞかし悔いが残る今シーズンとなっただろう。優勝は目の前にあったのだから。

でもダンカンはさすがだった。昨シーズン後に引退すると言われていたが、今シーズン、これだけの活躍ができるのなら、来シーズンも是非続けて欲しい。だがウェストには、サンダーがいることをお忘れなく。

今シーズン、私は長年働いていたNBAジャパンの仕事を途中で辞めたが、悔いは全くない。1ファンとして、これだけ楽しめたのは本当にありがたかった。NBAは本当に素晴らしいと改めて思った。感謝、感謝。

来シーズンは、ペイサーズ、ウォリアーズ、クリッパーズ、グリズリーズが今シーズンの活躍をバネに、更なる進化を図るのでは思う。もう来シーズンに思いを馳せている自分がいる。
a0035442_0443626.jpg


# by dabadabax | 2013-06-21 13:30 | NBA
2013年 06月 19日

ヒート生き延びる!!!

マイアミに戻ったファイナル第6戦、ヒートが延長戦の末に103-100と勝利。第7戦を勝ち取った。壮絶な試合だった。

ビッグスリーに加えて、優勝するためにヒートに来たレイ・アレンが第4Q残り5.2秒に3ポイントを決め、絶体絶命のピンチを救い、延長線に持ち込んだ。

そして延長残り2.4秒、ジノビリがターンオーバー。そして残り1.9秒、アレンがフリースロー2本をきっちり決めた。最後ボッシュがこのシリーズで3ポイント新記録を達成しているグリーンの3ポイントをブロック。ヒートの絶対に勝つという強固な意思が、貴重な勝利をもたらした。
a0035442_13395483.jpg

                        (アレン様様)

運命の第7戦は2日後、同じくマイアミで行われる。サウスビーチはさぞかし盛り上がっていることだろう。
a0035442_13401455.jpg

(2013年の優勝も成し遂げられるか。ダンカン、パーカー、ジノビリのビッグ3には悪いけど、ヒートに連続優勝を飾って欲しい)

# by dabadabax | 2013-06-19 13:28 | NBA
2013年 06月 17日

スパーズが王手!! ジノビリ復活!!

2勝2敗の対で迎えたファイナル第5戦、レブロンもウェイドも全力を尽くして勝ち、マイアミに帰ると言っていた。だが蓋を開けてみれば、ここまで不振を極めたジノビリが今季初の先発に起用され、24得点、10アシストと奮起。スパーズが114-104と勝利し、3勝2敗と王手をかけ、2日後のマイアミでの第6戦に臨む事になった。

ヒートは試合開始直後から終始リードされ、第2Q中盤には17点のリードされる。ハーフ直前、パーカーにレイアップを決められ、9点差で折り返したが、第3Q残り3分4秒に1点差まで追い上げる。だがグリーンに3ポイント、ジノビリにジャンパーを許す。12点差を付けられて第4Qに突入したが、点差は開くばかり。またしても一方的な展開になって終わった。

スパーズはパーカーが26得点、ダンカンが17得点、12リバウンド、グリーンがファイナル新記録となる3ポイント新記録を打ち立てて24得点と活躍。ターンオーバーも18記録したが、ヒートも肝心なところでターンオーバーを犯して自滅。

王手をかけられたヒートは第6戦を勝たなければ、今季が終わる。カンファレンス・ファイナルに続いて、第7戦まで持ち込むしかない。まずは絶対に第6戦を勝たなくては。
a0035442_23115722.jpg
(ファイナル最後2戦はホームコート・アドバンテージを持つチームのアリーナで行われる。ヒートはホームでまず第6戦を勝つ必要がある)

# by dabadabax | 2013-06-17 20:37 | NBA
2013年 06月 17日

六角支援隊

六角隊の人たちはもともと産業廃棄物処理場の反対運動を続けてきた仲間だそうで、素晴らしいチームワーク、ボランティア精神溢れる人たちで、びっくりしました。地震後全国から送られる物資を、六角ビジネスホテルで仕分けし、あちこちの避難所や仮設住宅に届けたそうです。
a0035442_22534025.jpg
(仮設住宅に住む80代の方たちが中心になり、色々なものを作り、販売しています。皆さん、手先がとても器用で驚きました)
福島のこのあたりは、代々3世代の家族が一緒に住む家が多く、家も大きいのだそうです。それがこの地震、放射能のため、特に若い人たちは子どもの安全のために遠くに住むことを余儀なくされ、仮設に残るのはお年寄りが多くなっているのだそうです。津波で家族を亡くした方も多いそうです。

そうした方たちは生きる希望をなくしている人が多く、現在の六角隊の人々はいかにそういう人たちに前向きに生きる希望を与えられるかを考えて実行しています。
a0035442_2354798.jpg

散髪やマッサージのボランティアを招いたり、ビニールハウスを建てて、野菜や花々を育てる。今年からは田んぼを耕し、稲を育てています。でもお米は放射能の検査をしてから食べられるかどうかが決まり、来年度からの参考にするのだそうです。
a0035442_22574664.jpg

ビニールハウスには六角隊が育てているコーナーもあり、採れたてのきゅうりをご馳走になりました。そこの野菜は私のように応援に来る人達にご馳走するために育てている。花々は仮設に住む人達の家族の命日などに持っていくために育てているとのこと。どこまでも他の人たちのためにしている姿勢に頭が下がりました。

全国で支援をしてくれる人たちに招かれて各地で話をしているそうですが、「もう復興したんでしょ」と言われることが多いそうです。「とんでもない、この現実を見て欲しい、伝えて欲しい」とのことでした。

私もこれからも微力ですが、支援を続けていこうと思います。皆さんも是非お願いします。

# by dabadabax | 2013-06-17 01:29 | 東北
2013年 06月 16日

沈黙の福島

5月初めに韓国に旅行しました。2年前韓国は光州で開かれたJYJのコンサートに行った時、偶然出会った女性が現在、済州島の大学で教えています。その方の招きで済州島に行ったのですが、その時に紹介された方が、東北の被災者の方に役立てて欲しいと寄付を下さいました。
a0035442_22414790.jpg

友人の力を借りて、2011年から石巻、この春から福島の方々の支援を続けています。寄付して頂いた多額のお金の一部をその両方に、この先2年間毎月送ることにしました。その残りのお金を福島の方々に直接届けたいと思い、深夜バスを利用して行ってきました。
a0035442_22145094.jpg

(ここが原発5km地点。この先に原発があるそうだ)
a0035442_22483948.jpg

福島の南相馬一帯で支援活動をしている六角支援隊のことは、作家椎名誠さんの奥さんで、同じく作家の渡辺一枝さんの「福島の声を聞こう」という会で知りました。新宿を午前0時過ぎに出たバスは、福島駅に午前4時半に到着。6時35分のバスに乗り継いで終点に着くと、六角支援隊の方々が車で迎えに来てくれていました。
a0035442_22455945.jpg

六角支援隊の隊長の大留さんにお金を渡した後、他のメンバーの方々が被災地を案内して下さいました。2011年の3ヶ月後に気仙沼、6ヶ月後に仙台から石巻に行き、それぞれ現地の人たちに案内して頂き、地震だけでなく、津波の被害に息を呑みました。
a0035442_22464629.jpg

南相馬は原発から20kmくらいで、避難するべきかは線引で決められたそうです。現在、原発5kmの浪江町まで入れる様になったそうで、そこまで連れて行って下さいましたが、言葉にならない光景が広がっていました。
a0035442_22491594.jpg

a0035442_22493544.jpg

a0035442_22495424.jpg

気仙沼も石巻も想像を絶する被害に見舞われていましたが、浪江町の荒廃した広い地域には、我々以外にとにかく人がいない。まさに「沈黙の福島」でした。5km以内の地域の人たちは未だに自分の家に帰ることもままならない。恐ろしい現実が続いています。
a0035442_22501495.jpg

(家が並んでいるが、誰も住んでいない。草がぼうぼうとなっている)

# by dabadabax | 2013-06-16 23:44 | 東北
2013年 06月 14日

ヒート、2勝2敗のタイに戻す!!

2日前にまさかの大敗を喫したヒート。同じく敵地サンアントニオで迎えた第4戦、レブロンが33得点、ウェイドが32得点、ボッシュが20得点、13リバウンドと奮起して、109-93とヒート勝利に導いた。素晴らしい調整をしたヒートは、2勝2敗のタイに戻して、日本時間17日の第5戦に臨むことになった。

前半こそ、49-49と互角にされたヒートだったが、後半60-44と一気に引き離した。2日前にあれだけ鉄壁なディフェンスをしてヒートを圧倒したスパーズだったが、今日のヒートはリバウンド41-36、スティール13-5、ターンオーバー9-18を記録し、スパーズ封じ込めに成功した。

それにしても、一方的に相手を圧倒するここ3戦の展開は何なんだろう。ヒートは第5戦も勝利して、王手をかけてマイアミに戻りたいところだ。だがスパーズもまたまた、万全の調整をしてくるだろう。ヒートに勝って欲しいが、スパーズの3ポイント攻勢も見てみたい。すごいシリーズだ。

# by dabadabax | 2013-06-14 13:02 | NBA
2013年 06月 13日

スパーズ、16本の3ポイントでヒートを大破

日本時間12日にサンアントニオで行われたファイナル第3戦、ホームに戻ったスパーズが113-77と、なんと36点差をつけて圧勝。シリーズを2勝1敗とリードした。

10日の夜中の深夜バスで福島に行き、一泊したため、12日の試合は見ることができなかった。今日じっくり見たけど、ヒートがあんな負け方をするとは信じられなかった。というより、ビッグスリーが苦しむ中、3ポイントを7本決め27得点を挙げたダニー・グリーン、10本中6本決め24得点を記録したゲイリー・ニール、3本中2本の3を含め、10本中6本のFGを決め14得点を挙げたカウィ・レオナルトを育て上げたスパーズのグレッグ・ポポビッチHCの手腕の勝利だと言える。

第2戦であれだけ後半やられて完敗したヒートを、後半完璧に封じたスパーズ。ヒートは頼みのレブロンが21本中7本しかFGを決められず、フリースローゼロの15得点に抑えられた。ウェイドもボッシュも合わせて、ファイナルで3人の合計点は、平均43.3得点に抑えられている。日本時間13日の練習前にレブロンは、「昨日の33%というFG成功率は受け入れられるものではない。第4戦はどんなことでもやる。良いプレイをすることを保証する」と断言した。

ヒートの勝利はレブロンのできいかんにかかっているのは明らか。ポポビッチHCは「我々のディフェンスはレブロンだけを守るのではない」と言っているが、ダンカンは「レブロンを5人で守っている。我々はレブロンがどういう選手かを理解しており、世界最高の選手だとリスペクトしている、レブロンがボールに触るたびに、できるだけ難しくなるようにしようと努めている」とコメント。

ヒートはこのプレーオフで敗れた後の試合は、5勝0敗としている。そして1月中旬から連敗はしていない。ファイナルはマイアミで2戦戦った後、サンアントニオで3戦行われる。あのロドマンに「90年代後半ブルズが席巻していた時代なら、レブロンは並の選手だったろう」と酷評されたが、明日レブロン&ヒートがいかに調整してくるか。絶対に負けられない。


ネッツの新しいHCに、ニューヨーク・ニックスを引退したばかりのジェイソン・キッドが決まった。低迷していたネッツを2002、03年フィナルに牽引。2003-04シーズン途中からネッツのHCに就任したローレンス・フランク氏がACに就任するという。

キッドはマブス時代の2010-11シーズン、ヒートを破り、悲願の初優勝を達成。シドニー、北京オリンピックで金メダルを獲得。今季のニックスの躍進もキッド獲得の賜物なのは明らか。ミスタートリプルダブルといわれるオールラウンドの活躍をしたキッドが、ネッツ再躍進の鍵となれるか。来季がもっと面白くなった。

# by dabadabax | 2013-06-13 23:51 | NBA
2013年 06月 10日

ヒート、33-5のランでスパーズを圧倒!

マイアミで現地9日行われたファイナル第2戦、第3Q残り3分11秒からヒートが33-5と猛攻に出て103-84と圧勝。シリーズを1勝1敗のタイにして、サンアントニオに乗り込むことに成功した。

レブロンは初戦でトリプルダブルを達成しながらも勝利に導くことができず、更なる活躍が期待された。レブロンは17得点に終わったが、その猛攻中5本のFGすべてを決めて、要所要所で本領発揮。マリオ・チャルマーズの19得点に加え、第1戦で不振に終わったレイ・アレンが13得点、ボッシュが12得点、10リバウンドと援護した。

スパーズは途中まで互角に戦ったが、第1戦でファイナル記録タイとなるわずか4しかなかったターンオーバーを17も犯すというスパーズらしからぬプレイを連発。墓穴を掘り、プレイオフ連勝が7でストップ。サンアントニオに戻って2日後の第3戦に向けて立て直しを図る必要に迫られた。

ヒートが一丸となってスパーズを圧勝し、面白くなった。良かった。

# by dabadabax | 2013-06-10 20:00 | NBA
2013年 06月 07日

パーカー、ミラクルショットでスパーズ第1戦取る!

いよいよ始まったファイナル第1戦、パーカーが残り5.2秒、ショットクロックギリギリに決めたショットが決勝弾となり、スパーズが92-88と勝利。敵地で貴重な勝利をモノにした。というか、さすがスパーズという貫禄の勝利だった。

レブロンは18得点、18リバウンド、10アシストとファイナル2度めのトリプルダブルを達成したが、スパーズの堅固なディフェンスの前に16本中7本しかFGを決められなかった。2007年、キャブス時代にレブロンが初めてファイナルに進出した際、0勝4敗と1勝もできず辛酸を嘗めさせられた相手がスパーズだった。今回はその屈辱を晴らすためにも頑張って欲しい。

だが、スパーズは試合巧者。簡単ではないかもしれない。

# by dabadabax | 2013-06-07 13:34 | NBA
2013年 06月 04日

ヒート、ペイサーズに圧勝、ファイナルへ!

第7戦までもつれ込んだイースタン・カンファレンス・ファイナル。現地3日にマイアミで行われた試合は、ヒーtが99-76で圧勝。ペイサーズにとことん苦しめられたシリーズとなったが、ようやくファイナル進出の切符を手に入れた。良かった。それにしてもペイサーズは素晴らしいチームだった。

# by dabadabax | 2013-06-04 12:29 | NBA
2013年 06月 02日

ペイサーズ、第7戦に持ち込む!

試合が終わってすぐ、マイアミ・ヒートから、第7戦のチケット購入のお知らせが来た。プレセールは現地2日、午後12:00pm-2:00pmだそうだ。第6戦勝利を見込んで、絶対にイースタン・カンファレンス制覇のキャップ、Tシャツを用意していたはずだと思うのだが、まさかの敗戦に慌てたことだろう。時間とお金があれば、マイアミまで飛んでいきたいが、それは無理。ファイナル進出をかけた壮絶な死闘になるだろう。

それにしてもペイサーズに91-77で完敗を喫するとは。第5戦では第3Qに30-13の猛攻に出て勝利したヒートだったが、第6戦ではハーフに40-39と1点リードされたペイサーズが、第3Q残り1分15秒には66-49とリード。68-55と追いあげて第4Qを始め、残り5分54秒には72-68まで追い上げたヒートだったが、すぐさま引き離された。

ヒートの77得点は今季最低得点タイとなり、しかもそれは1月8日ペイサーズのホームで喫したもの。これで今季ペイサーズのホームでは1勝4敗となった。この第6戦、ヒートはレブロンが29得点を挙げたが、他には10得点を記録したのがマリオ・チャルマーズ、ウェイドのみ。FG成功率はペイサーズに50%を許したのに対し36.1%、リバウンドは53-33、ペイント内の得点は44-22と圧倒されては勝てない。ペイサーズの堅固なディフェンスの勝利と言える。

ペイサーズはすごい。だがペイサーズはレジー・ミラーに率いられ、1998年カンファレンス・ファイナルで、ブルズと死闘を繰り広げた後、4勝3敗で敗れ去ったことが思い出される。ペイサーズを退けたブルズは、2度目の3ピートを成し遂げた後、解体された。

現地3日に再びマイアミで行われる第7戦にもしペイサーズが勝てば、2000年以来初のファイナル進出となる。でもここで負けてはディフェンディングチャンプの名がすたる。第6戦に出場停止処分となったクリス・アンダーソンも復帰してくる。勝たなくては。
a0035442_1522628.jpg

        (第7戦は再び、ヒートのホームで行われる。)

# by dabadabax | 2013-06-02 14:15 | NBA
2013年 06月 01日

ヒート、ペイサーズに王手!!

インディアナでペイサーズにやられ、2勝2敗のタイに戻されたヒート。現地30日、マイアミに戻って行われた第5戦も、前半はペイサーズにやられっぱなし。危なかった。

だが第3Qに入り、レブロンが救世主となって立ち上がった。第3Q にレブロンは30得点中16得点を挙げ、90-79でペイサーズを一蹴。3勝2敗と王手をかけた。第6戦は2日後、またインディアナに舞台を移して行われる。

試合後のインタビューでレブロンは、「そのためにここに来た。毎年優勝を目指して競えるように来た。厳しい決断だった。だがチームとして、3年連続ファイナルに進むチャンスを得た」とコメント。

サウスビーチに来たのは、まさに優勝するため。だがペイサーズも地元での勝利を目指して、第6戦は死に物狂いで来るだろう。すごい試合になりそうだ。

a0035442_15305384.jpg

                     (セントラルパーク)

# by dabadabax | 2013-06-01 00:17 | NBA
2013年 05月 29日

ペイサーズ、2勝2敗のタイに戻す!

ヒートが3勝1敗にするはずだったイースタン・カンファレンス・ファイナル第4戦。ペイサーズ優位に進めていたが、ヒートが14-2のランに出て第4Q残り5分13秒に86-83と逆転。ペイサーズもそれに対して16-6のランで反撃し、99-92で勝利。シリーズを2勝2敗のタイに戻した。ヒートをここまで苦しめるペイサーズが、こんなすごいチームだったって改めて知った。

レブロンが残り1分20秒に3ポイントを決め、ヒートは94-92の2点差に追い上げたが、ランス・スティーブンソンがジャンパーを決めた直後、レブロンがファウルアウト。その後ヒートは1点も挙げられなかった。このシリーズはすべてレブロンが最後nにかかっている。

第5戦は日本時間31日に行われる。スパーズが余裕で待っているだけに、ヒートも早く決めて欲しい。

a0035442_23251089.jpg

(ハーレムの有名なジャズクラブ、レノックス・ラウンジがなくなっていた。ショック!!)

# by dabadabax | 2013-05-29 13:52 | NBA
2013年 05月 28日

スパーズ、スイープでファイナルへ

やはりスパーズは強かった。トニー・パーカーが37得点を挙げる活躍を見せ、スパーズが敵地のメンフィスでグリズリーズに93-86で勝利。4勝0敗とスウィープして、ファイナル進出を決定した。2年前にウェストトップシードの成績をあげながら、8位のグリズリーズに2勝4敗と敗退を見舞われた雪辱を果たした。

年齢が高くなる一方のダンカン、パーカー、ジノビリのビッグスリーを、これだけ上手く使うグレッグ・ポポビッチHCの手腕は本当に大したもの。

マイケル・ジョーダン氏がオーナーとなるボブキャッツが、レイカーズのアシスタントコーチのスティーブ・クリフォード氏を新しいHCに採用したそうだ。ポポビッチHCがスパーズのコーチを17年間務めているのに対し、ボブキャッツは2006-07シーズンから6人目のコーチ招聘になるとか。3年契約だそうだが、何とかチームの躍進を図って欲しい。そのうち見に行きたいと思っているんだから。

a0035442_23274358.jpg

a0035442_23292486.jpg

(ハーレムにあるMuseum of Arts & Design. 常設のジェイムス・バン・ダー・ジー撮影の貧しかった時代のハーレムの写真は素晴らしい)

# by dabadabax | 2013-05-28 14:00 | NBA
2013年 05月 27日

ヒート、第3戦圧勝

現地26日、インディアナで行われたイースタン・カンファレンス・ファイナル第3戦、ヒートが114-96でペイサーズに圧勝。シリーズを2勝1敗とリードした。

レブロンの22得点を筆頭に、ヒートは先発5人が二桁得点を記録。第2戦の打撃の不振を跳ね返しNBAディフェンストップチームを相手に54.5%のFG成功率を記録した。やはりヒートはこうでなくては。

a0035442_0384835.jpg

  (これぞNYという感じの自転車。道路に放置してあるのもNYらしい。)

# by dabadabax | 2013-05-27 13:08 | NBA
2013年 05月 26日

スパーズ、3勝0敗の王手!!

メンフィスに舞台を移して現地25日に行われたウェスタン・カンファレンス・ファイナル第3戦。今日負ければ3連敗となり後がなくなるグリズリーズは、序盤から大攻勢に出て第1Q残り10秒にはなんと29-11と18点もリードした。

だがやはりスパーズはスパーズ。前半終わりには4点差に追い上げ、第4Qが始まると逆転。その後一進一退を繰り返し、グリズリーズが追いついてOTに持ち込んだ。

OTは37歳のダンカンの真骨頂。最初の5得点を挙げて、スパーズが104-93と勝利。3勝0敗と王手をかけた。昨季のウェスタン・カンファレンス・ファイナルで、サンダーに2勝0敗とリードしながら、敗れた経緯があるだけに、ダンカンはその二の舞は避けようと頑張っている。NBAでは3勝0敗トリードしたチームがシリーズ制覇を逃したことはない。スパーズのファイナル進出が決まったということだろう。

一方、昨日のヒート。最後の1分、あのレブロンが2つの致命的なターンオーバーを犯して、ヒートが97-93で敗れた。第4Q88-84とリードしていたヒートだが、その後13-5と圧倒された。レブロンは36得を挙げたが、頼みのバティエーが無得点、レイ・アレンも6得点に終わり、サポート陣の活躍が必要とされている。第3,4戦はインディアナで行われる。

私はレブロン対ダンカンの対決を待っている。レブロンはキャブス時代の06-07シーズン、初めてファイナルに進出したが、スパーズの前に0勝4敗で敗退した。その屈辱を晴らすためにも、レブロンには」ペイサーズに是非勝って欲しい。

ダンカンは2001年7月に結婚し、2人の子どもがいるが、奥さんのエイミー・ダンカンさんが3月に離婚を申請し、離婚することが25日明らかになったそうだ。だから頑張っているんだろうか。

a0035442_056838.jpg


# by dabadabax | 2013-05-26 15:25 | NBA
2013年 05月 24日

NBAファーストチーム発表

現地23日、NBAの2012-13ファーストチームが発表になった。アメリカ、カナダ119名のスポーツライターが選んだ中で、レブロン(F)は全員に1位に選ばれ、595ポイント(1位、2位、3位の順に5-3-1ポイントが与えられる)を得たそうだ。デュラント(F)が555ポイント、コービー(G)が521ポイント、クリス・ポールが537ポイント、そしてダンカン(C)が392ポイントを獲得した。

ちなみに2011-12シーズンは、センターにはハワードが476ポイントを獲得してファーストチームに選ばれた。背中を痛めて今季は思うように活躍できなかったハワードだから仕方ないとしても、ダンカンがファーストチームに選ばれたのはすごいと思う。コービーのファーストチーム11回選出も、カール・マローンに並ぶものだそうだ。

昨季のセカンドチームに選ばれたのは、ケビン・ラブ、ブレイク・グリフィン、アンドリュー・バイナム、トニー・パーカー、ラッセル・ウェストブルック。だが今季のセカンドチームはカーメロ・アンソニー、グリフィン、マーク・ガソル、パーカー、ウェストブルック。ラブも今季、怪我に泣き、特にバイナムはやはり怪我で1試合も出られず、シーズンを棒に振った。バイナムに大きな期待を抱いたシクサーズにも大きな痛手となった。

NBAの試合は格闘技のような激しいプレイが多く、命取りとなる怪我をいつするかわからない。怪我で一旦引退しながら、今季ブレイザーズに復帰を果たしたブランドン・ロイも、結局また怪我をして再び引退を余儀なくされた。あれだけ活躍していたのに、気の毒としかいいようがない。

ちなみに今季のサードチームに選ばれたのは、デイビッド・リー、ポール・ジョージ、ハワード、ウェイド、そしてジェイムス・ハーデン。昨季のノビツキー、チャンドラーが消え、リー、ジョージ、ハーデンが選ばれたのは、今季の活躍が認められたということ。素晴らしい。ノビツキーも怪我で前半休んだのが痛かった。
a0035442_1483521.jpg

(ハーレムの目抜き通り、125丁目には多くの店が並び、これは何だろうというものも多く売っている。でもそれを聞く勇気はまだない)
a0035442_14948.jpg

(正面に見えるのが、かの有名なアポロ・シアター。3回くらい行ったことがあるが、歴史ある素晴らしい劇場だ)
a0035442_1492875.jpg

(NBAを見にNYに行くようになったまだ初めの頃、1997年だったか、72丁目にあるホテルに泊まった。ホテルに帰ろうと、59丁目から125丁目まで止まらない急行に知らないで乗り、いきなりハーレムまで来た。怖くて怖くて、一緒に行った大学生の女の子たちとすぐさまこの写真のところを猛ダッシュで走り、戻る電車に乗った。その2年後、116丁目にあるコロンビア大学のサマーコースを取ったとき、すぐ近くでホームステイをさせてもらった大学の職員の女性に、近くのハーレムは危険ではないのかと聞いたら、そんなことはない、ハーレムにも普通の人が多く住んでいるのよ、全然怖い所ではないと言われ、拍子抜けした。泊まった宿のオーナーも、昔は怖かったそうだけど、今はそういうことはないわよって言っていた)

# by dabadabax | 2013-05-24 23:41 | NBA
2013年 05月 23日

さすがレブロン、ブザービーターでヒートまず1勝

OTにもつれ込んだ大激戦を決めたのは、やはりレブロンだった。

現地22日にマイアミで始まったイースタン・カンファレンス・ファイナル第1戦、歴代6位のフリースローシューターのレイ・アレンが残り17秒、フリースローを1本ミスし、92-89とヒートが3点リード。ペイサーズのポール・ジョージが第4Q残り0.7秒、奇跡的な3ポイントを決めてOTに持ち込む。

OT残り2.2秒、ヒートが1点リードした場面、またもジョージが3ポイントを放った際にウェイドが痛恨のファウルを犯した上、ファウルアウト。ジョージがフリースロー3本きっちり決め、ヒートは絶体絶命。だがヒートにはレブロンがいた。バティエーからボールを受け取ったレブロンは中に切れ込み、鮮やかにレイアップを決めて103-102の勝利に導いた。

レブロンは30得点、10リバウンド、10アシストと、プレーオフ9度目のトリプルダブル。やはり役者はこうでなくては。あのド派手なクリス・アンダーソンも7本のショット全て決め、16得点と貢献した。第2戦は同じくマイアミで日本時間25日(土)に行われる。
a0035442_1332131.jpg

(ハーレムの一角にいつもお客さんが入っていく店がある。シーフードの店らしいので入ってみると、魚が氷の中に埋められて売られている。カウンターではお客がひっきりなしに買っている。私も思い切って買ってみた。揚げたての白身の魚、カニ棒、ホタテ、ポテトなどをプラスチックの容器に入れてくれ、自分でタルタルソースやケチャップを好きなだけ、入れて持ち帰る。とっても美味しかった。どこの人も揚げ物は大好き。だけど高カロリーなのは間違いない。サラダも売ったらいいのにと思う。)
a0035442_13324836.jpg

a0035442_16333177.jpg

a0035442_13334539.jpg

a0035442_16341161.jpg


# by dabadabax | 2013-05-23 13:33 | NBA