My favorite things 私の好きなもの

dabadabax.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2013年 05月 29日

ペイサーズ、2勝2敗のタイに戻す!

ヒートが3勝1敗にするはずだったイースタン・カンファレンス・ファイナル第4戦。ペイサーズ優位に進めていたが、ヒートが14-2のランに出て第4Q残り5分13秒に86-83と逆転。ペイサーズもそれに対して16-6のランで反撃し、99-92で勝利。シリーズを2勝2敗のタイに戻した。ヒートをここまで苦しめるペイサーズが、こんなすごいチームだったって改めて知った。

レブロンが残り1分20秒に3ポイントを決め、ヒートは94-92の2点差に追い上げたが、ランス・スティーブンソンがジャンパーを決めた直後、レブロンがファウルアウト。その後ヒートは1点も挙げられなかった。このシリーズはすべてレブロンが最後nにかかっている。

第5戦は日本時間31日に行われる。スパーズが余裕で待っているだけに、ヒートも早く決めて欲しい。

a0035442_23251089.jpg

(ハーレムの有名なジャズクラブ、レノックス・ラウンジがなくなっていた。ショック!!)

by dabadabax | 2013-05-29 13:52 | NBA
2013年 05月 28日

スパーズ、スイープでファイナルへ

やはりスパーズは強かった。トニー・パーカーが37得点を挙げる活躍を見せ、スパーズが敵地のメンフィスでグリズリーズに93-86で勝利。4勝0敗とスウィープして、ファイナル進出を決定した。2年前にウェストトップシードの成績をあげながら、8位のグリズリーズに2勝4敗と敗退を見舞われた雪辱を果たした。

年齢が高くなる一方のダンカン、パーカー、ジノビリのビッグスリーを、これだけ上手く使うグレッグ・ポポビッチHCの手腕は本当に大したもの。

マイケル・ジョーダン氏がオーナーとなるボブキャッツが、レイカーズのアシスタントコーチのスティーブ・クリフォード氏を新しいHCに採用したそうだ。ポポビッチHCがスパーズのコーチを17年間務めているのに対し、ボブキャッツは2006-07シーズンから6人目のコーチ招聘になるとか。3年契約だそうだが、何とかチームの躍進を図って欲しい。そのうち見に行きたいと思っているんだから。

a0035442_23274358.jpg

a0035442_23292486.jpg

(ハーレムにあるMuseum of Arts & Design. 常設のジェイムス・バン・ダー・ジー撮影の貧しかった時代のハーレムの写真は素晴らしい)

by dabadabax | 2013-05-28 14:00 | NBA
2013年 05月 27日

ヒート、第3戦圧勝

現地26日、インディアナで行われたイースタン・カンファレンス・ファイナル第3戦、ヒートが114-96でペイサーズに圧勝。シリーズを2勝1敗とリードした。

レブロンの22得点を筆頭に、ヒートは先発5人が二桁得点を記録。第2戦の打撃の不振を跳ね返しNBAディフェンストップチームを相手に54.5%のFG成功率を記録した。やはりヒートはこうでなくては。

a0035442_0384835.jpg

  (これぞNYという感じの自転車。道路に放置してあるのもNYらしい。)

by dabadabax | 2013-05-27 13:08 | NBA
2013年 05月 26日

スパーズ、3勝0敗の王手!!

メンフィスに舞台を移して現地25日に行われたウェスタン・カンファレンス・ファイナル第3戦。今日負ければ3連敗となり後がなくなるグリズリーズは、序盤から大攻勢に出て第1Q残り10秒にはなんと29-11と18点もリードした。

だがやはりスパーズはスパーズ。前半終わりには4点差に追い上げ、第4Qが始まると逆転。その後一進一退を繰り返し、グリズリーズが追いついてOTに持ち込んだ。

OTは37歳のダンカンの真骨頂。最初の5得点を挙げて、スパーズが104-93と勝利。3勝0敗と王手をかけた。昨季のウェスタン・カンファレンス・ファイナルで、サンダーに2勝0敗とリードしながら、敗れた経緯があるだけに、ダンカンはその二の舞は避けようと頑張っている。NBAでは3勝0敗トリードしたチームがシリーズ制覇を逃したことはない。スパーズのファイナル進出が決まったということだろう。

一方、昨日のヒート。最後の1分、あのレブロンが2つの致命的なターンオーバーを犯して、ヒートが97-93で敗れた。第4Q88-84とリードしていたヒートだが、その後13-5と圧倒された。レブロンは36得を挙げたが、頼みのバティエーが無得点、レイ・アレンも6得点に終わり、サポート陣の活躍が必要とされている。第3,4戦はインディアナで行われる。

私はレブロン対ダンカンの対決を待っている。レブロンはキャブス時代の06-07シーズン、初めてファイナルに進出したが、スパーズの前に0勝4敗で敗退した。その屈辱を晴らすためにも、レブロンには」ペイサーズに是非勝って欲しい。

ダンカンは2001年7月に結婚し、2人の子どもがいるが、奥さんのエイミー・ダンカンさんが3月に離婚を申請し、離婚することが25日明らかになったそうだ。だから頑張っているんだろうか。

a0035442_056838.jpg


by dabadabax | 2013-05-26 15:25 | NBA
2013年 05月 24日

NBAファーストチーム発表

現地23日、NBAの2012-13ファーストチームが発表になった。アメリカ、カナダ119名のスポーツライターが選んだ中で、レブロン(F)は全員に1位に選ばれ、595ポイント(1位、2位、3位の順に5-3-1ポイントが与えられる)を得たそうだ。デュラント(F)が555ポイント、コービー(G)が521ポイント、クリス・ポールが537ポイント、そしてダンカン(C)が392ポイントを獲得した。

ちなみに2011-12シーズンは、センターにはハワードが476ポイントを獲得してファーストチームに選ばれた。背中を痛めて今季は思うように活躍できなかったハワードだから仕方ないとしても、ダンカンがファーストチームに選ばれたのはすごいと思う。コービーのファーストチーム11回選出も、カール・マローンに並ぶものだそうだ。

昨季のセカンドチームに選ばれたのは、ケビン・ラブ、ブレイク・グリフィン、アンドリュー・バイナム、トニー・パーカー、ラッセル・ウェストブルック。だが今季のセカンドチームはカーメロ・アンソニー、グリフィン、マーク・ガソル、パーカー、ウェストブルック。ラブも今季、怪我に泣き、特にバイナムはやはり怪我で1試合も出られず、シーズンを棒に振った。バイナムに大きな期待を抱いたシクサーズにも大きな痛手となった。

NBAの試合は格闘技のような激しいプレイが多く、命取りとなる怪我をいつするかわからない。怪我で一旦引退しながら、今季ブレイザーズに復帰を果たしたブランドン・ロイも、結局また怪我をして再び引退を余儀なくされた。あれだけ活躍していたのに、気の毒としかいいようがない。

ちなみに今季のサードチームに選ばれたのは、デイビッド・リー、ポール・ジョージ、ハワード、ウェイド、そしてジェイムス・ハーデン。昨季のノビツキー、チャンドラーが消え、リー、ジョージ、ハーデンが選ばれたのは、今季の活躍が認められたということ。素晴らしい。ノビツキーも怪我で前半休んだのが痛かった。
a0035442_1483521.jpg

(ハーレムの目抜き通り、125丁目には多くの店が並び、これは何だろうというものも多く売っている。でもそれを聞く勇気はまだない)
a0035442_14948.jpg

(正面に見えるのが、かの有名なアポロ・シアター。3回くらい行ったことがあるが、歴史ある素晴らしい劇場だ)
a0035442_1492875.jpg

(NBAを見にNYに行くようになったまだ初めの頃、1997年だったか、72丁目にあるホテルに泊まった。ホテルに帰ろうと、59丁目から125丁目まで止まらない急行に知らないで乗り、いきなりハーレムまで来た。怖くて怖くて、一緒に行った大学生の女の子たちとすぐさまこの写真のところを猛ダッシュで走り、戻る電車に乗った。その2年後、116丁目にあるコロンビア大学のサマーコースを取ったとき、すぐ近くでホームステイをさせてもらった大学の職員の女性に、近くのハーレムは危険ではないのかと聞いたら、そんなことはない、ハーレムにも普通の人が多く住んでいるのよ、全然怖い所ではないと言われ、拍子抜けした。泊まった宿のオーナーも、昔は怖かったそうだけど、今はそういうことはないわよって言っていた)

by dabadabax | 2013-05-24 23:41 | NBA
2013年 05月 23日

さすがレブロン、ブザービーターでヒートまず1勝

OTにもつれ込んだ大激戦を決めたのは、やはりレブロンだった。

現地22日にマイアミで始まったイースタン・カンファレンス・ファイナル第1戦、歴代6位のフリースローシューターのレイ・アレンが残り17秒、フリースローを1本ミスし、92-89とヒートが3点リード。ペイサーズのポール・ジョージが第4Q残り0.7秒、奇跡的な3ポイントを決めてOTに持ち込む。

OT残り2.2秒、ヒートが1点リードした場面、またもジョージが3ポイントを放った際にウェイドが痛恨のファウルを犯した上、ファウルアウト。ジョージがフリースロー3本きっちり決め、ヒートは絶体絶命。だがヒートにはレブロンがいた。バティエーからボールを受け取ったレブロンは中に切れ込み、鮮やかにレイアップを決めて103-102の勝利に導いた。

レブロンは30得点、10リバウンド、10アシストと、プレーオフ9度目のトリプルダブル。やはり役者はこうでなくては。あのド派手なクリス・アンダーソンも7本のショット全て決め、16得点と貢献した。第2戦は同じくマイアミで日本時間25日(土)に行われる。
a0035442_1332131.jpg

(ハーレムの一角にいつもお客さんが入っていく店がある。シーフードの店らしいので入ってみると、魚が氷の中に埋められて売られている。カウンターではお客がひっきりなしに買っている。私も思い切って買ってみた。揚げたての白身の魚、カニ棒、ホタテ、ポテトなどをプラスチックの容器に入れてくれ、自分でタルタルソースやケチャップを好きなだけ、入れて持ち帰る。とっても美味しかった。どこの人も揚げ物は大好き。だけど高カロリーなのは間違いない。サラダも売ったらいいのにと思う。)
a0035442_13324836.jpg

a0035442_16333177.jpg

a0035442_13334539.jpg

a0035442_16341161.jpg


by dabadabax | 2013-05-23 13:33 | NBA
2013年 05月 22日

スパーズ、2勝0敗とリード

現地21日サンアントニオで行われたグリズリーズ対スパーズ、カンファレンス・ファイナル第2戦、グリズリーズは第4Qの13点リードを跳ね返してオーバータイムに持ち込んだ。だがダンカンがオーバータイム最初の6得点を挙げ、スパーズが93-89で勝利。2連勝とした。

パーカーも15得点に加え、プレーオフキャリアハイの18アシストを記録。

グリズリーズも本当に頑張っているが、スパーズはやはり強い。次のホームの2戦で巻き返すしかない。
a0035442_1461882.jpg

         (アメリカの国技はやはりベースボール。)

by dabadabax | 2013-05-22 13:49 | NBA
2013年 05月 22日

NYおすすめの宿La Sienna

今回4月にニューヨークに行った時はハーレム123丁目にあるゲストハウス、La Siennaに泊まった。第一の理由は、ホテルがバカ高いNYになって、とても安かったこと(シングルは1泊60ドル)。NYはアッパーウェストがお気に入りだけど、近年宿泊費がとても高くなり、ちょっと泊まれない。
a0035442_1485816.jpg

La Siennaは、JFK空港から地下鉄のAラインに乗れば、125丁目まで1本で行ける(1時間くらい)。ニックスのホーム、34丁目のマディソン・スクエア・ガーデンもその途中にある。125丁目の駅にはエレベーターもあるし、宿は駅から徒歩5分。
a0035442_14103069.jpg

(エレベーターはないが、宿の人がスーツケースとか重い荷物は全部部屋まで運んでくれる)

NYに多いタウンハウス(3階建ての建物がくっついている長屋)で、建物自体は古く、部屋はとても狭かったが、一応個室。テレビもあるし、ネットもすぐ繋がり、WiFiもOK。
a0035442_14105539.jpg

そして何よりも良かったのはオーナーがとても親切なこと。共同の台所、シャワーもあるし、どこもピカピカに磨き上げてある。感心してしまった。他の料金は一切取られないし、チェックアウト後も荷物を勿論無料で預かってくれる。おすすめの宿だ。ハーレムも今は安全になり、きれいなところも多い。
a0035442_14145181.jpg

a0035442_14152536.jpg

(近くのスーパーで食材を買い、毎朝豪華な朝食を食べた。調味料も全部揃っている)


この記事は誤解を招く内容だったため、内容の一部、コメントを削除させて頂きました。申し訳ありません。次回からは良く確かめて泊まるべきだと反省しました。コメントを下さった方、有難うございました。今後共よろしくお願いします。

なお、コメント欄をしばらく閉じさせて頂きます。

by dabadabax | 2013-05-22 11:37 | NY-いろいろ
2013年 05月 20日

スパーズ、初戦まず取る!

いよいよ現地19日に始まったウェスタン・カンファレンス・ファイナル第1戦は、4度の優勝経験を持つスパーズが、球団史上初のカンファレンス・ファイナル進出を果たしたグリズリーズに、貫禄の差を示す試合となった。

第1Qに17点もリードしたスパーズは、第3Q終盤には6点差に詰め寄られる場面もあったが、すぐさま引き離し、105-83で初戦をモノにした。だがパーカーは、「去年のウェストファイナルで2勝0敗とリードした後やられたから、今日勝ったことには何の意味もない。まだ先は長い」と、コメントした。

強固なディフェンスでここまで勝ち上がってきたグリズリーズに対し、スパーズはプレーオフチーム記録となる14本の3ポイントを成功させ、全体で53%のFG成功率を記録した。

スパーズはやはりしたたか。グリズリーズはよほど作戦を練らなくてはいけないだろう。

スパーズではあのマクグレディが第4Q 20点リードした場面でコートに入り、スタンディング・オベーションで迎えられた。7分間プレイし、ショットは2本とも落とし無得点に終わったが、本当に嬉しかっただろう。アイバーソンにはもう本当に復帰の可能性はないのだろうか。
a0035442_0152681.jpg

(NY、ルーズベルトアイランド、マンハッタンから地下鉄1駅でこんな美しい島がある)

by dabadabax | 2013-05-20 21:40 | NBA
2013年 05月 19日

ニックス、ペイサーズのディフェンスの前に散る!

現地18日、インディアナポリスで行われたニックス対ペイサーズ第6戦、一時逆転されたペイサーズが第4Q最後、強固なディフェンスでニックスを寄せ付けず106-99で勝利。2004年以来となるカンファレンス・ファイナル進出を決定した。

ニックスのカーメロ・アンソニーは39得点と奮闘したが、第4Qは7本中2本しかFGを決められず、わずか4得点に終わり、NYでの第7戦に持ち込むことはできなかった。

カンファレンス・ファイナルはヒート対ニックスを期待していたが、ニックスはレギュラーシーズンでリーグトップを記録したリバウンド、被FG%、被3ポイント%、第2位の失点を誇ったペイサーズのディフェンスの前に沈んだ。リバウンドで43-36、ペイント内の得点で52-20と圧倒されては勝てない。

ペイサーズを迎え撃つヒートとしても、今季レギュラーシーズン3戦で最初の2試合インディアナで2敗しているだけに、ペイサーズを侮ることはできない。でもヒートが勝ち上がるのを見たい。
a0035442_011531.jpg


by dabadabax | 2013-05-19 23:32 | NBA