My favorite things 私の好きなもの

dabadabax.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2013年 03月 31日

東西頂上決戦と調査協力のお願い

ご無沙汰しています。NBAはいよいよ明日、といってももう数時間後ですが、東のヒート、西のスパーズと、東西頂上決戦があります。東と西のチームは1シーズンにそれぞれのホームで1試合ずつを戦いますが、スパーズは昨年11月29日、マイアミで行われるヒート戦の前に、主力4人を民間飛行機に乗せてホームに戻すという措置を取り、105-100で負けました。(NBAのチームはすべて専用機で移動します)

全国放送されるゴールデンカードに、次のホームゲームに備えて主力をサンアントニオに戻すという前代未聞のことをやったスパーズは、NBAから25万ドルもの罰金を科せられました。その後、ヒートは歴代2位という27連勝を含め、57勝15敗でリーグトップ。片やスパーズも55勝17敗でウェストトップ。現時点での両者の2ゲーム差は、もしスパーズが勝てば、1ゲーム差になります。

でも現在、ヒートがイーストで2位ペイサーズに11ゲーム差をつけているのに対し、スパーズはウェスト2位のサンダーに2ゲーム差と追い上げられています。それだけに今日ホームで行うヒート戦は負けられないでしょう。しかしジノビリが欠場するというニュースが流れているだけに、どうでしょう。

ところで一昨年暮れから去年にかけて、アメリカ在住の韓国人の博士論文の調査の手伝いをしました。その方の友人が同じく調査をしています。15分くらいかかると書いてありますが、5分くらいですみますので、ご協力頂けないでしょうか。お知り合いにも依頼して下さると助かります。

こちらからお願いします。内容は深く考えなくてもいいと思います。

by dabadabax | 2013-03-31 23:27 | NBA
2013年 03月 07日

来シーズンもジャパンゲームはなし

a0035442_2534136.jpg
(写真はハーレムにある有名なジャズクラブ、Lenox Lounge、日曜日のブランチは簡単な食事、ドリンク付きで20ドルと格安)

NBAは現地5日、早々と来シーズンのプレシーズンゲームを発表。来シーズンもジャパンゲームはなし。日本はNBAの構想からは全く外れたようだ。メジャーリーグ、サッカー、ゴルフなどなど、日本人が活躍できるスポーツに比べれば、NBAで活躍できる日本人がいないからなのか。あんなに面白いスポーツなのにと残念だ。
a0035442_254827.jpg

オクラホマシティ・サンダーは10月5日、トルコのイスタンブールでフェネルバフチェと対戦。フィラデルフィア・セブンティーシクサーズが6日、スペインでウシュエ・ビルバオと試合を行う。その後、サンダーとシクサーズは英国のマンチェスターで、8日対決する。

アジアでは、ヒューストン・ロケッツとインディアナ・ペイサーズが、10月10日フィリピンのマニラで、10月13日台湾で対戦。ゴールデンステイト・ウォリアーズとロサンゼルス・レイカーズが10月15日北京、18日上海で試合を行う。

南アメリカでは、シカゴ・ブルズとワシントン・ウィザーズが、10月12日ブラジル・リオデジャネイロで試合を行う予定となっている。

NBAは現地7日の試合が終わったところで、ヒートが16連勝とフランチャイズ新記録を更新中。45勝14敗としたヒートは2位に並んだニックスとペイサーズを8ゲームも引き離し、イースト独走態勢に入った。ウェストもパーカーが怪我をしているのに、依然としてスパーズがヒートを上回る48勝14敗とし、リーグトップ。7日ニックスに辛勝したサンダーが2ゲーム半でスパーズを追う。3位クリッパーズはナゲッツに完敗してスパーズに5ゲーム差。レイカーズは31勝31敗の5割とし、8位ジャズを1.5ゲーム差、7位ロケッツを2ゲームに追い上げ、8位は目前。でもターンオーバーが多いし、フリースローが決まらず、相変わらず大変だ。

またロドマンが金正恩書記と友人になってアメリカに戻ったと思ったら、8日とんでもないニュースが流れた。せっかくのロドマンの訪問も、良い方向につながらないのだろうか。韓国攻撃なんてことが、間違っても起こりませんように。

北朝鮮の祖国平和統一委員会は8日、声明を出し、国連安全保障理事会の制裁決議採択や11日から始まる米韓合同軍事演習などに反発し、同日から南北間の不可侵に関する全ての合意を無効にすると表明した。また、南北の非核化共同宣言の完全白紙化も改めて宣言。板門店の連絡ルートを閉鎖し、南北直通電話を即時断絶するとした。朝鮮中央通信が伝えた。 

by dabadabax | 2013-03-07 22:31 | NBA
2013年 03月 02日

ロドマンが金正恩を生涯の友と呼ぶ

a0035442_2554023.png
(写真はESPNの記事からコピーしました)
1990年代、ピストンズで2度、ブルズで3度の優勝を果たし、ジョーダン、ピッペンと並んでブルズ3連覇に貢献したデニス・ロドマン。7年連続リバウンド王に輝き、2年前にはバスケットボールの殿堂入りを果たした名選手だ。

そのロドマンが新しいニュース番組の撮影のために北朝鮮を訪れ、金正恩書記と一緒にハーレムトロッターズのゲームを観戦したそうだ。アメリカが敵国とみなし、ミサイルを発射したり、つい2週間前に核実験を行った北朝鮮だ。

私はNBAの仕事を始める前、スパーズで活躍していたロドマンを見に、わざわざサンアントニオまで行ったことがある。ロドマンは当時ロビンソン全盛時代のスパーズでディフェンダーとして鳴らすものの、数々の問題を起こす問題児と見なされ、2年後にブルズにトレードされた。ブルズではリバウンドとディフェンスで貢献し、一躍人気ものになる。同時に髪を緑や赤や金髪に染め、体中のタトゥーを増やし、試合後は鼻、耳など派手なピアースをし、大きな注目を浴びた。自叙伝発売のサイン会にはウェディングドレスを着て現れ、引退するときには全裸でコートに立つと発言したり、現在のNBAでは見られない選手だった。

そのロドマンが何千人の観衆の前で試合後、世界中から独裁者と見なされている金正恩書記に、「貴方は生涯の友人を得た」と言ったそうだ。熱烈なNBAファン、特に90年代後半のブルズの大ファンと言われる金書記は、ロドマンの訪問が両国の不和を緩和してくれることを望んでいると言ったとか。

同じく熱烈なブルズファンで知られるオバマ大統領だが、オバマ政権は今回、ロドマンとコンタクトを取ろうとはしなかったそうだ。

ロドマンは敵国に行ったという批判には耳を貸さず、アメリカにいる代理人に電話して、「素晴らしい経験だった。この訪問はアメリカを愛しているからこそした。平和と愛がすべてだ」と語ったそうだ。ロドマンらしい外交だ。少しでも友好につながるきっかけになったら、いいなと思う。

by dabadabax | 2013-03-02 00:02 | NBA