My favorite things 私の好きなもの

dabadabax.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2012年 06月 22日

レブロン、悲願の優勝達成!!

a0035442_22355937.jpg
(ヒート勝利が確実になり、祝いの言葉を言いに来たケビン・デュラントを抱きしめるレブロン。テレビの画面を撮影)

運命のファイナル第5戦、レブロン・ジェイムス&ヒートがサンダーを121-106と圧倒。レブロンが26得点、11リバウンド、13アシストとトリプルダブルを達成した上で、悲願の初優勝を成し遂げた。ヒートはレブロンだけでなく、ウェイド、ボッシュ、そしてバティエーを始めとする脇役陣が見事な働きをしての完勝とした。ビデオはこちら。

サンダーも第3Q序盤、5点差まで追い上げたが、その後大差をつけられ、大敗に終わった。カンファレンス・ファイナルまで素晴らしい快進撃を続けたサンダーだったが、初のファイナルの舞台はまだ時期尚早だったということだろう。

レブロンがあれだけ批判をされ、辛酸をなめ続けた結果、優勝を達成したのだから、悔し涙を流したデュラントもこの悔しさを胸に、来シーズンの優勝を目指して是非頑張って欲しい。その力は絶対にある。私も応援を続けたい。優勝するには、あのマイケル・ジョーダンだって7年、レブロンだって9年もかかった。それだけ難しいということだろう。
a0035442_22364623.jpg
(3年連続リーグ得点王になったサンダーのケビン・デュラント。2007年のドラフト全体2位で入ったデュラントを、私はずっと応援している。ファイナルで負けたサンダーがオクラホマシティに帰ったときに、地元ファン4000人が迎えたそうだ。)本当に愛されているんだと思う。

それにしても、ロックアウトで一時はなくなるのではと思われた今シーズンは、本当に見応えのあるシーズンだった。NBAに出会えて、本当に幸せだと思った。

引き出しの中に1200ドル近い現金とトラベラーズチェックがあるのを思い出したのは3日前。どうしてマイアミまでレブロンの優勝の瞬間を見に行かなかったのかと後悔しきりだった。行けば良かった。マイアミの青い空、海も見たかった。

by dabadabax | 2012-06-22 13:20 | NBA
2012年 06月 20日

ヒートが王手!!

a0035442_23444264.jpg

2勝1敗とリードしたヒートが、同じくホームで迎えたファイナル第4戦、第1Q終盤には33-16と17点ものリードを許し、どうしたんだろうという展開だったが、第2Q序盤に16-0の猛攻をかけ、ハーフには49-46と3点差まで追い上げて折り返した。

後半はもう熾烈な戦いとなったが、第4Q残り5分15秒、その前にレイアップを決めて92-90と追い上げたレブロンが足をつり、ベンチに下がる。ボッシュが同点に追い上げた後、コートに出たレブロンが3ポイントを決め、ウェイドも決めて、99-94とヒートが逆転。ビッグスリーのビッグな活躍で、アリーナはヒートアップ。

この試合43得点と爆発したウェストブルックが決めて3点差につめたが、ヒートはマリオ・チャルマーズが中に切り込んで決め101-98。ウェストブルックがなおも3点差に追い上げるが、チャルマーズが2フリースローを決めて、ヒートが104-98で勝利。遂に3勝1敗と王手をかけた。もうすごい試合だった。

サンダーはやはり若さゆえの敗戦。ヒートの優勝がもう見えてきた。今日の試合のリキャップ動画をどうぞ。

ヒートが1勝1敗にした後で、マイアミまで行くことをかなり真剣に考えた。でも色々なことを考え、見送ったが、行けば良かったととても後悔している。第5戦はNBAの歴史に残る優勝決定戦になるのではと思う。それともサンダーが意地を見せて、オクラホマシティに戻すことができるのだろうか。

でも1勝3敗から優勝したチームは、NBA史上皆無。レブロンは第5戦は絶対に出ると言っている。ホームで優勝を決めたいだろう。

by dabadabax | 2012-06-20 13:01 | NBA
2012年 06月 18日

ヒートが2勝1敗とリード!!

a0035442_1328840.jpg

舞台をマイアミに移したファイナル第3戦。第1Qは26-20とリードしたヒートだったが、第2Qは逆転されて一進一退の熾烈な展開。47-46とヒート1点リードで突入した第3Q、デュラントが4つ目のファウルを取られて下がった後、あのフィッシャーが3ポイントに1フリースローを決め、残り4分33秒には64-54とサンダーが10点リード。

だがレブロンが残り52秒に3ポイントを決めて、ヒートが69-67と逆転。第4Qにまたまた逆転されたヒートは、残り1分67秒に86-85と1点差に追い上げられる。だがボッシュ、レブロンのフリースローで89-85とリードした場面、サンダーのセフォローシャがスローインを失敗。最後ウェイドがフリースロー本を決めて、91-85でヒートが執念の勝利とした.
ビデオはこちら。

勝つチャンスは数多くあったサンダーだったが、あれが経験の差、若さだろう。だがヒートが2勝1敗とリードしたとはいえ、去年はそれから負けた。今年はそれを繰り返さずに、2日後の第4戦で王手をかけられるか。サンダーもすぐに修正してくるだろう。

by dabadabax | 2012-06-18 13:29 | NBA
2012年 06月 15日

ヒート、1勝1敗のイーブンに戻す!!

a0035442_20181261.jpg
ファイナル第1戦を逆転されて落としたヒート、2敗してマイアミに戻るわけにはいかないと、第2戦も序盤から18-2 と飛ばした。

一時17点差をつけたヒートだが、第4Qにまたサンダーの猛烈な追い上げにあい、残り1分47秒にはデュラントの3ポイントで94-91と3点差に詰められる。だがレブロンがショットを決め5点差とした後、デュラントが3ポイントをミス。ヒートはウェイドからパスを受けたボッシュが決めて残り1分98-91と7点差とし、勝負ありかとみられた。

だがだが、今年のサンダーはそんなことでは終わらない。デュラントがレイアップを決めて残り50.5秒に5点差。ヒートのターンオーバーの後、デュラントがまたも3ポイントを決めて98-96と2点差に追い上げる。レブロンが3ポイントを外したリバウンドをサンダーが取り、サンダーに絶好のチャンスが巡る。しかし残り9.9秒デュラントがショットを落とした上、レブファウルももらえず、レブロンの2フリースローで、ヒートが100-96で辛くも逃げ切った。

ヒートはレブロンが32得点、ウェイドが24得点、この試合から先発したボッシュが16得点、15リバウンドとビッグスリーが働いたのに加えて、シェーン・バティエーが7本中5本の3ポイントを決めて17得点と、見事な援護をした。

一方のサンダーはデュラントが32得点中16得点を第4Qに挙げ、ウェストブルックが27得点、控えのジェイムス・ハーデンが21得点を挙げたが、反撃が一歩遅かった。最後のショットをデュラントが決めていれば、あるいはファウルがもらえていれば、勝負の行方は分からなかっただけに、悔しいだろう。

さあ、これで1勝1敗としたヒートは、現地17日(日)からホームで3試合を戦う。ホームで3勝して一気に優勝に突き進みたいところだが、果たしてそう簡単に行くのか。非常に面白くなってきた。

できるものならマイアミに飛んで、3試合を見たい!! でもマイアミは遠すぎる。

by dabadabax | 2012-06-15 13:15 | NBA
2012年 06月 13日

ファイナル第1戦、サンダーがヒートに勝利!!

a0035442_2323275.jpg

現地12日、いよいよオクラホマシティで始まったヒート対サンダー第1戦、絶対に勝つと言う意欲を前面に出したヒートが、チーム一丸となって前半13点ものリードを奪う。

だが後半、ディフェンスからオフェンスに一気に流れに乗ったサンダーが逆転。105-94で第1戦を勝ち取った。

第3Q終盤に逆転したサンダーは、第4Q残り10分11秒、あのフィッシャーがセフォローシャに絶秒なパスを出して78-73のリードに牽引。その後ヒートに逆転を許すことなく、勢いに乗り、勝利。3年連続リーグ得点王に輝くケビン・デュラントが36得点中17得点を第4Qにあげ、ラッセル・ウェストブルックも27得点、11アシスト、8リバウンドとあわやトリプルダブルかという活躍。前半を54-47とリードされたサンダーは、後半を58-40と圧倒した。

さらにこの初戦は、流れを変えたィッシャーさまさまの勝利となった。レイカーズはフィッシャーを首にしたことを絶対に後悔しているだろう。

 
あれだけリングを欲しているレブロン&ヒートは、わずか3日前にボストン・セルティックスとの7戦にわたる死闘を終えたばかり。そしてオクラホマシティに移動した。必勝を期して前半こそ飛ばしたが、後半は休養十分の若いサンダーについていけなかった。第2戦に向けて立て直すしかない。去年のファイナルで不振に終わり、散々たたかれたレブロンが、やはり奮起するしかない。

今日の動画はこちら。今年のファイナルは絶対に面白い。是非ご覧ください。

by dabadabax | 2012-06-13 12:54 | NBA
2012年 06月 12日

ソウル西大門刑務所後

明日から、いよいよNBAのファイナル。親友から本当に好きなのねってメールが来ましたが、やはり私にとっては、何より好きなもの。それに今回は、サンダー対ヒートですから。これ以上のカードは考えられません。

BSで午前9時55分から生中継されますので、是非ご覧ください。

話はまた飛びますが、「道 白磁の人」の中で、浅川巧の同僚で親友になったチョンリムが、朝鮮民族美術館ができたときに、爆破しようとした息子をかばって、西大門(ソデモン)刑務所に送られます。チョンリムは面会に来た巧にもう来るなと言うのですが、その後余命わずかになった巧は最後、再び刑務所にチョンリムを訪れます。

その西大門の刑務所後に、去年4月にソウルに行ったとき、一緒に行った友人が偶然行きあい、翌日2人で訪れました。そしてその後、私1人で天安というところにある独立記念館に行きました。

私の中では、その2つの建物がとても気にかかり、日本がしたことに対して、本当に申し訳ない気持ちになっていました。だけどこの4月にJYJのことが縁で知り合った韓国人姉妹に言うと、「もう過去のこと。事実は知って欲しいけど、あなたがしたことではないし、気にもむことではない。今の若い人たちは全くきにしていないと思う。私たちが仲良くしていけば、いいじゃない」と言われた。

「道 白磁の人」が描いたテーマも、まさにそういうことだったと思う。西大門刑務所後と独立記念館については、またもう1つのブログ、「JYJのおかげで韓国へ」に書きたいと思います。良かったら読んで下さい。

さあ、ファイナルです!!

by dabadabax | 2012-06-12 23:37 | 韓国
2012年 06月 11日

石巻からのはがき(6月)

a0035442_22494282.jpg

毎月、友人たちと続けている石巻へのささやかな支援。前向きな便りが届くようになりました。でも現実の生活はまだまだ大変だと思います。これからも続けていきたいと思っています。
..........................................................................................................................

いつも温かなお心遣いをいたたき、ありがとうございます。心より感謝申し上げます。
田植えは無事終わり、これからは雑草との格闘の日々が続きます。

一昨日、震災遺児チャリティ・ダンスパーティーがあり、私たちもボランティアで参加してきました。400名を超える参加者で会場は大賑わいでした。
教室の方は少しずつですが、レッスンを再開して今明日。家族皆が元気で、一歩ずつ前に進んでおりますので、ご安心ください。

取り急ぎ、お礼申し上げます。

by dabadabax | 2012-06-11 22:53 | 東北
2012年 06月 10日

ヒートが勝利!! 夢のファイナルが実現

a0035442_23131716.jpg
(今日、久しぶりにきれいな白い雲を見た。今のマイアミの気温は29度。もう夏だ。今年こそ優勝をと、マイアミのビーチはさぞかし熱く燃えているだろう)

2勝3敗と王手をかけられたヒート。ボストンでレブロン・ジェイムスが45得点も挙げて制し、イーブンに戻して戻った運命のカンファレンス・ファイナル第7戦。序盤11点差をつけられたヒートだったが、78-78の同点に追い上げて第4Qに突入。

復帰3戦目となるクリス・ボッシュが4本中3本の3ポイントを決め、19得点、8リバウンドと奮起。レブロンもウェイドもビッグショットを決め、ヒートが101-88で勝った。ビッグスリーの見事な活躍だった。

それにしても壮絶な戦い、これこそNBAのだいご味と言える勝負だった。スパーズのポポビッチHCは敗れた後、「あれが限界だった」と言い、今日はセルティックスのリバースHCが、「もう何も残っていなかった」と、逆転されて負けた後言っていた。選手もコーチも極限まで戦ったということだろう。

そしていよいよ、私が一番望んだサンダー対ヒートという夢のファイナルが始まる!! 信じられない!! 日本時間で13日から。ファイナルはBSで生中継されるので是非。

ファイナルのフォーマットはこれまでのプレイオフゲームと異なり、2-3-3となる。サンダーがホームコート・アドバンテージを持っているので、サンダーのホームでまず2試合、その後マイアミで3試合、決着がつかなければ、最後2試合は再びオクラホマになる。ちなみにこのフォーマットになってから、ホームチームが27回のシリーズで、20回優勝しているのだそうだ。

私はサンダーのファンだけど、今年はレブロンが勝ってもいいかなと思う。サンダーのエース、ケビン・デュラントは3年連続リーグ得点王。片やレブロンは今シーズン、3回目のリーグMVPを受賞。現在のNBA最高の組み合わせ。歴史に残るようなカードにして欲しい。

今日の動画は勿論年連続ファイナル進出を決めたヒートをどうぞ。

by dabadabax | 2012-06-10 12:18 | NBA
2012年 06月 09日

映画 「道 白磁の人」

a0035442_23155936.jpg
私が韓国の白磁を知ったのは、何年か前、雑誌だったと思う。焼き物が好きで、日本でもこれまで色々訪れている。藍色の美しい伊万里焼や砥部焼、地味だけど落ち着いた味わいの備前焼がとても好き。台湾の故宮博物館では、景徳鎮の多くの美しい焼き物にとても感動した。

だけど本物の白磁を見たくて、東京は駒場の日本民芸館に初めて行った時には、乳白色の壺に何とも言えない暖かさを感じて、韓国に行ったら絶対に見たいと思った。そしてソウルの国立中央博物館やサムスン美術館には多くの白磁の焼き物が収集されていて、見ているだけで本当に豊かな気持ちになれる。
a0035442_23756.jpg

それと同時に、韓国の陶器に関する色々な本を読み始めた。そして今日から新宿で、「道、白磁の人」という映画が公開されたので早速見に行った。監督や出演俳優の舞台挨拶もあった。

映画の公式ページを是非ご覧ください。  
映画は、23歳で朝鮮にわたって植林活動に従事し、当時あまり顧みられなかった朝鮮陶器の白磁の美しさに目を開かれた日本人、浅川巧(1891-1931)と、彼と一緒に仕事をしたイ・チョンリムとの友情を軸に、当時の日本と朝鮮の関係を描く。浅川は日本の過酷な統治下にあった朝鮮で、朝鮮語を学び、貧しい朝鮮の人々に寄り添って助け、名もなき朝鮮の職人の手仕事による白磁や膳を愛し保護した。40歳の若さで亡くなった時には、多くの朝鮮人が嘆き悲しみ、棺を担いだと言われる。そして今も朝鮮の地に眠る。

彼の活動は朝鮮民族美術館設立となり、後に日本民芸館初代館長になる柳宗悦等に影響を与えて行く。柳に白磁に注目するようにすすめたのは巧の兄の浅川伯教だった。

映画は9割が韓国で撮影され、日本の植民地政策に反対する朝鮮人の独立運動も取り上げられており、10年前だったら、日本側が韓国で統治時代のシーンを撮ることは難しかっただろうと監督は話していた。そして7月12日から、韓国でも上映が決まったそうである。

韓国ドラマやK-POPが日本で人気になっている今だからこそ、映画化が可能になったとのことだが、あの時代にこういう日本人がいたということ、日本がしたことを知るためにも、絶対にお勧めの映画。多くの人に見て欲しいと思います。「白磁」の焼き物が、いかに美しいかということも良く分かると思います。

by dabadabax | 2012-06-09 23:02 | 韓国
2012年 06月 08日

プレイオフ40日目、ヒートが勝つ!!

a0035442_051115.jpg

2勝3敗とまさかの王手をかけられたヒートが、敵地ボストンに乗り込み、98-79と大差をつけて勝った。ボストンで何度も苦杯をなめさせられたレブロン・ジェイムスがなんと45得点もあげ、長年の屈辱を晴らした。

これで2日後のマイアミの第7戦に勝てば、私がシーズン前に望んだサンダー対ヒートの夢のファイナルが可能となる。是非そうなって欲しい。

朝一番でまとめた記事 「ボストンでの試合にかかるL・ジェイムスの命運」を読んでいて下さい。レブロンはやはりレブロンでなくては!!

今日の動画はレブロンが45得点、15リバウンドと、さすがレブロンと言えるプレイでセルティックスを救った試合をどうぞ。

by dabadabax | 2012-06-08 12:55 | NBA