My favorite things 私の好きなもの

dabadabax.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 24日

『今立ち上がること。つながること』

a0035442_344143.jpg
気仙沼の方のブログ、スローな家に、スローな家で知り、応募。厳正な抽選の上、当たったのでもう先週になりますが、「今立ち上がること、つながること」というたーくショーに行ってきました。小さなことでいい。勇気を出してみようという言葉に元気づけられました。

何事もなかったように毎日動いている東京にいると、被災地の方の現実を想像できなくなります。でも友人たちと一緒に少しずつですが、ささやかな支援を続けています。わずかな力でもつながっていければと願っています。
a0035442_35041.jpg

糸井さんが感動されたというブータンの人々の笑顔をスライドで見ながら、世界の人々とも少しでもつながっていけたらと思います。前のサトイモのはっぱやアジサイはトークショーの左の「はっぱ」をビジネスにした方の徳島の村から運ばれてきたものだそう。帰りに少し頂いて帰りました。

by dabadabax | 2011-06-24 23:32 | 雑感
2011年 06月 13日

マブスが初優勝!!

a0035442_22282331.jpg
(ダラスのアメリカン・エアラインズ・アリーナ。現時点では多分NBAで一番豪華なアリーナ。今度こそ、街をあげてのビッグなパレードが行われることだろう。おめでとう!!)

現地時間6月12日(日)にマイアミで行われたマブス対ヒート、ファイナル第6戦はマブスが105-95と勝利。マブスが敵地マイアミで歓喜の初優勝のトロフィーを受け取りった。

リーグファイナル最年長38歳のポイントガードののキッド、33歳のテリー、32歳のノビツキー、本当におめでとう。ヒートの超スーパースター3人を抑えての初優勝。見事なフィナーレだった。
a0035442_22292281.jpg

ちょうど5年前、同じくファイナル第6戦は、ホームコート・アドバンテージを持っていたダラスのホームで行われた。最初2連戦を飾り、第3戦もビッグリードを奪い、王手目前としていたマブスは、優勝パレードまで計画していたそうだ。だけど第3戦から4連敗を喫し、ホームでウェイド率いるヒートに初優勝のトロフィーを持って行かれた。あれほどの屈辱はなかっただろう。

時は流れるとはまさにこのこと。今度はホームコート・アドバンテージを持っていたヒートのホームで優勝を飾ったのだから、嬉しさはもう言葉には表せないくらだろう。

反対に大決断をしてヒートに移籍したレブロンは、すぐさま「ファイナルでレブロンはどこにいたんだ」なんていう記事がアップされている。優勝するまではずっとずっと批判にさらされるのだろう。でも本当の戦いはこれから。また来年もある。出直していつの日にかトロフィーを掲げられますように。ダラスの面々のように、なんて言われようと、黙々と力をつけていって欲しい。(私としては、来年はもっとサンダーの年になって欲しいけど)

でもでもその前に、NBAは6月30日に現行の労使協定が満了になり、それまでに新協定締結に至らなければ、来シーズンはロックアウトになる可能性がある。こんな面白いゲームが見られなんて絶対にやめて欲しい。オーナー側と選手側がなんとか折り合いをつけることを望むばかりです。

by dabadabax | 2011-06-13 22:34 | NBA
2011年 06月 09日

ファイナル第5戦を前に

a0035442_9125459.jpgファイナル第4戦、第4Q序盤に9点もリードしていたヒートはこれで3勝1敗と王手をかけれると思われたが、そこからマブスに大逆襲を許して負けてしまった。39度の高熱を押して最後レイアップを決めて3点差として離したのはのは、やはりノビツキーだった。第2戦も左手中指の腱を断裂しながら、大逆転勝利に導いた。2勝2敗のタイにしたノビツキーは、今年のファイナルで何かを持っているのかもしれない。

明日はいよいよ同じくダラスで第5戦。第4戦で8得点しかできず、またも批判にさらされたレブロン。明日は絶対に頑張ると言っている。3勝2敗と王手をかけて、マイアミに戻りたいだろう。ここからの3戦が今シーズン最後の大勝負。BSで生放送、夜には録画放送するので、是非ご覧ください。

ところで今シーズン、トルコでプレイしたアイバーソンが、来シーズンはNBAに戻りたいと言っている。ちょうど10年前の今頃、ファイナルまで進出して、実力、人気とも絶頂だった。私もあの年のファイナルは必死に応援していた。だけど36歳になった今、アイバーソンを欲しがるチームがあるのだろうか。いっそのこと、日本のどこかのチームが雇ってくれないものだろうか。だけど彼の要求する金額を出すのは難しいのだろうか。応援に行くのに。

NBA復帰を望むA・アイバーソンに"アンサー"はあるのか?
プレビュー:ファイナル第5戦

by dabadabax | 2011-06-09 23:32 | NBA
2011年 06月 05日

シャキール・オニールが引退

a0035442_0121583.jpg
 (2009年フェニックスで開かれたオールスターに、コミカルなダンスで登場したシャック。当時サンズにいたシャックは、確執が続いていた元レイカーズのチームメイト、コービーとMVPを共同受賞。仲良くトロフィーを掲げていた姿が印象的だった)

ボストン・セルティックスのシャキール・オニールが引退を公式に表明した。NBAのことを知らない方でも、新聞やテレビで一度は見たことがあるのではと思います。詳しくはこちらのウィキペディアにをご覧ください。

自称スーパーマンは本当に強かった。ブルズで6回ジョーダンと優勝を達成したピッペン。ブルズ解体後、ロケッツの次にブレイザーズに移籍。2000年のカンファレンス・ファイナルで恩師フィル・ジャクソンHC率いるレイカーズと対戦。第7戦で大量リードを奪っていたのに逆転され、敗れ去った。シャックのパワーに対抗できなかった。

そしてそして、忘れもしない翌2001年のファイナル。アイバーソンが当時レイ・アレンのいたバックスとの7戦にわたる死闘を制して初のファイナルに進出した相手が、またもレイカーズ。オーバータイムにもつれ込んだ初戦を勝ったが、その後4連敗して敗退。またも怪物シャックに敵わず、その後アイバーソンは2度とファイナルに出られなかった。もうあれから10年もたった。

1995年、ジョーダンが野球から復帰した3月、アトランタでジョーダンの決勝打で勝ったすごい試合を見て、NYでジョーダンが55得点を挙げてニックスを破った試合が私がNBAに完全にはまったきっかけだった。そしてその途中にオーランドにも行って、当時飛ぶ鳥を落とす勢いだったシャック、ペニーのコンビを観たのも、今となっては懐かしい思い出。

シャック様、19年の活躍、御苦労さま。でも私には、好きなピッペン、アイバーソンの夢を砕いた憎い存在だ。ごめんなさい。でも憎いくらい強くて、相手チームは"'ハック・ア・シャック'するしかなかった(シャックに抱きついてファウルし、下手なフリースローを打たせた作戦)

あなたが「リングを取りに行け」と応援する元チームメイトのウェイドとレブロン、第2戦まさかの大逆転負けを喫して、明日からダラスで3連戦。果たしてどっちに勝利の女神がほほ笑むのでしょう。ダラスは5年前に2連勝しながらやられただけに、敵意むき出しでぶつかってくる筈。ノビツキーとキッドにもリングを取ってほしいけど、やはりヒートのスーパースリーが優勝するのをみたい。キッドとノビツビキーの優勝の夢を木っ端微塵に粉砕したのもあなたでした。S・オニールがL・ジェイムスとD・ウェイドに"優勝しろ"と激励

by dabadabax | 2011-06-05 22:45 | NBA
2011年 06月 01日

いよいよ2011ファイナル開始!!

a0035442_3254535.jpg
                (どっちが勝つかなんて、僕にはまったく関係ない世界だけど)

日本時間6月1日から、NBA2010-11シーズン最後を飾るファイナルが始まります。東のマイアミ・ヒートに対するは、西のダラス・マーベリックス。26歳のレブロン・ジェイムスが果たして初の優勝リングを手にできるのか。それとも32歳のダーク・ノビツキー、38歳のジェイソン・キッドが、2006年の雪辱を果たすことができるのか。熾烈な死闘になることは間違いない。是非ご覧ください。

ファイナルはNHKBSで全試合実況中継されます。1日は朝9時55分から第1戦がマイアミから中継。夜中25時から録画放送の予定です。ヒートとしては地元の利を生かして絶対に取らなくてはいけないでしょう。でもキッドにも取らせてあげたい気がします。おそらくラストチャンスでしょうから。

カンファレンス・ファイナルで負けたシカゴ・ブルズ、オクラホマシティ・サンダーは、やはり最後若さが露呈して逆転され、それぞれ負けました。NBAはそれぞれのチームに史上最年少のシーズンMVP、2年連続の得点王がいるからといって、勝てるほど甘いものではないことを、まざまざと示したシリーズでした。

OKC vs. DAL:D・ノビツキーが逆転の3ポイント!!マブス5年ぶりにファイナル進出!!
MIA vs. CHI:ヒート猛反撃で逆転!!ブルズを倒してファイナル進出!!
マブスのJ・キッド、悲願の優勝リング獲得なるか

ファイナル第1戦はディフェンスが光ったマブスが92-84と勝利。やはりウェイド、レブロンの優勝にかける想いがマブスを上回ったという試合だった。これで第2戦も勝てるのではないだろうか。

by dabadabax | 2011-06-01 00:53 | NBA