My favorite things 私の好きなもの

dabadabax.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2010年 06月 19日

涙雨、レイカーズ2年連続制覇

a0035442_0111967.jpg

今シーズンが始まる前、シーズン予想を書いたけど、心中ではイーストはマジック、ウェストはレイカーズが立ち上がり、何だかんだあっても、やはりレイカーズが優勝するだろうなと思っていた。

ところがイーストではセルティックスがあれよあれよという間にファイナルまで進出し、レイカーズに対して3勝2敗と王手をかけ、あと1勝で優勝というところまでこぎつけた。

だけどホームに戻ったレイカーズは第6戦を大勝。運命の第7戦も一時13点もリードされながら、はねのけて連覇を成し遂げた。

勿論、MVPはコービー・ブライアント。優勝が決まってスコアラーテーブルにのり、歓喜の雄たけびをあげた。かつてマイケル・ジョーダンもああいう雄たけびをあげていたのを思い出した。

「コービーはマイケルに並びたいのではなく、ただ勝ちたいだけだ」とフィル・ジャクソンHCは言っていたが、本当にそうなんだろうな。(未だに好きになれないけど) 優勝請負人として入ってきたロン・アーテストが最終盤、決定的な3pを決めて感極まっていたのも良かった。ジャクソンHCも来季また戻ってきて、コービーと共に4回目の3ピートを狙うだろう。

だけど、あれだけリードしながら、最後の最後、負けてしまったセルティックスにとってはまさに涕雨。やはり勝たなきゃダメでしょう。BEAT LA!! を望んでいたファンは多かったと思うのに。

by dabadabax | 2010-06-19 00:31 | NBA
2010年 06月 16日

やっぱりレイカーズ、逆王手

a0035442_2251124.jpg

チーム一丸となって勝利し、3勝2敗と王手をかけてロサンゼルスに乗り込んだセルティックスだったが、何ということか89-67と完敗。やはりレイカーズがあのまま終わる筈はなかった。

67点というのは、1998年、ユタ・ジャズがマイケル・ジョーダン率いるシカゴ・ブルズにファイナル史上最悪の54点に抑えられて負けて以来の最少得点だそうだ。当時その試合も観ていた私は、どうしてあんな負け方をしなくてはいけないのか信じられなかったが、今日のセルティックスも信じられない負け方だった。その両試合ともチームを指揮していたのはフィル・ジャクソンHC。やはりすごいとしか言いようがない。

第1Q終盤にケンドリック・パーキンスがひざを負傷して下がったのも災いし、セルティックスはリバウンドも52-39、ペイント内の得点も40-32と圧倒された。たった2日前にあんなに強さを見せたが、レイカーズのディフェンスの前に一時27点もの差をつけられての大敗を喫した。

2日後の第7戦は同じくレイカーズのホームで行われるが、序盤に大差をつける方が勝ちという試合になるのだろうか。優勝すれば特別ボーナスが出ると言われるジャクソンHCが、史上最多の11個目のリングを獲得するのだろうか。でもセルティックスが2年前のように、レイカーズを圧倒して優勝する姿を観たい。レイカーズに緑のカーテンを攻略されてはならない。

by dabadabax | 2010-06-16 22:51 | NBA
2010年 06月 14日

セルティックス、津に王手!!

a0035442_23211390.jpg

ボストンで行われたファイナル第5戦、レイカーズがコービー・ブライアントが一時1人で連続19得点もあげ、全体で38得点と頑張ったが、92-86と敗れた。レイカーズは他に二桁得点を挙げたのは、12得点のパウ・ガソルのみ。全体で39.7%のFG成功率に抑えられ、フリースローを26本中9本も外した。

対するセルティックスはポール・ピアースが27得点、ケビン・ガーネットも18得点、10リバウンド、レイジョン・ロンドも18得点、レイ・アレンも12得点とビッグフォーが働き、ベンチ陣も要所要所で貢献。チーム一丸となって堅固なディフェンスを展開して勝利。明後日のロサンゼルスの第6戦で、一気に優勝に突き進むような勢いを見せている。BEAT LA! は目前となった。

だけど、レイカーズだってコービーがこのままで終わるわけはないだろう。これまでのシリーズのように、ラッキーガイが出てくる恐れは十分ある。

ワールドカップの日本対カメルーン戦が始まった。ジャパンもラッキーガイが必要だろう。勝ちますように。1点リードし、いい展開になった。

by dabadabax | 2010-06-14 23:21 | NBA
2010年 06月 11日

セルティックス、ベンチの奮起で2勝2敗のイーブンに

a0035442_17482465.jpg

今日負ければ、王手をかけられるセルティックスだったが、ベンチが36-18とロサンゼルス・クリッパーズのベンチを圧倒。96-89と勝利して、2勝2敗のイーブンに戻した。第5戦は同じくボストンで3日後に行わるが、ひざを痛めて第4選では12分間しかプレイできなかったバイナムの調子いかんでは、セルティックス有利と見える。

それにしてもグレン・デイビス、ネイト・ロビンソンの気迫溢れるプレイは見事だった。レイカーズは第5戦に当然修正してくるだろうが、どちらが王手をかけるのか、面白いファイナルになった。でもややっぱり BEAT LA! でしょう。

第5戦のリキャップはこちらから。

by dabadabax | 2010-06-11 17:48 | NBA
2010年 06月 09日

レイカーズが2勝1敗とリード

a0035442_22263637.jpg

NBAファイナル、ロサンゼルスで1勝0敗と好発進したレイカーズは、第2戦は完敗を喰らった。だがボストンに乗り込んだ第3戦、べテランのデレック・フィッシャー、コービー・ブライアントが技ありのシュートを何本も決めて91-84と勝利。2勝1敗とリードした。

第2戦でプレイオフ史上初の8本の3ポイントを決めたレイ・アレンが、13本のショットすべてをはずして2得点に終わったのが響いた。第4、5戦は同じくボストンで行われるが、3連勝で一気に優勝ともくろんだセルティックスにとって、第4戦の勝利は不可欠となる。勝って欲しい。

by dabadabax | 2010-06-09 22:35 | NBA
2010年 06月 03日

元気なおばちゃん

a0035442_0282675.jpg
「お金は私が出すから、来年、息子夫婦に孫たちも一緒にハワイに連れていって欲しいと思っているのよ。だって90歳になったら難しいでしょ」と87歳の親戚のおばちゃんは言う。90歳になったって全然大丈夫だと思わせる元気。77歳までスーパーで働いていたという実績がものを言う。

一人暮らしのおばちゃんを誘って、深大寺と植物公園に行った。「この年になったら、遊びに行こうよなんて言ってくれる人はいないから、本当に嬉しい」とおばちゃんは言い、多くの美しいバラにも感激していた。もちろん深大寺で美味しいおそばを食べたのはいうまでもない。

More

by dabadabax | 2010-06-03 00:31 | 吉祥寺と近辺