My favorite things 私の好きなもの

dabadabax.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2007年 05月 31日

今年は2007年、奇数年

a0035442_209278.jpg

英文のリキャップを訳していて、うーーんと唸ってしまった。1999、2003、2005年の奇数年はスパーズが優勝。唯一の例外はレイカーズにカンファレンス・ファイナルで敗れた2001年。よって2007年の今年は、スパーズが優勝する年だそうだ。マブスやサンズの年ではなかった。うーーん。でも今日のもうすごいとしかいいようのない試合を見ると、それも頷ける。

スパーズ対ジャズの第5戦は、フィンリーのジャンパー2本で始まった。その後、ダンカン、パーカー、ボウエンらが、シュートクリニックかというくらい、ジャンパー、レイアップ、バンクショット、3ポイントと好き放題に決めて、第1Qを34-15と圧倒。圧巻はパーカーがダンカンに出したアリウープパス。キャッチしたダンカンがスラムダンク! 昨日のレブロンのアリウープダンクもすごかったけど、ダンカンもすごいのなんの。恐れ入りました。

ジャズは目のガンの治療をする10ヶ月の娘のいるNYに飛んだフィッシャーが、ハーフタイムには戻ったが、時既に遅し。109-84と25点差をつけられて負け、終わった。だがカンファレンス・ファイナル進出とは誰も予想だにしなかったジャズのここまでの快進撃は、今季のサプライズの一つだった。

現地6月7日(木)から始まるファイナルまでは、一週間の余裕があるスパーズ。イーストの2チームは、これは大変なことになった。早く片付けたいのは山々だろうが、まだ少なくても2試合は戦わなくてはいけない。明日もレブロン&ギブソン、頑張って欲しい。



人気blogランキングへ

by dabadabax | 2007-05-31 20:26 | NBA
2007年 05月 30日

若さと経験

a0035442_14363978.jpg

ピストンズとの第4戦、25得点をあげたレブロン・ジェイムスは22歳、キャリアハイの21得点を援護したダニエル・ギブソンは21歳。

NBA、特にプレイオフでは経験がものを言うといわれる。ピストンズが第1、2戦の最後の最後に勝ったのも、優勝を含む幾多の経験があったからと言われた。

だが、今日の第4戦を勝ったのは、まぎれもなくレブロンとギブソンの若さ溢れるパワーと冷静さがあったからだった。去年と同じく2勝2敗に戻したキャバリアーズだが、デトロイトでの第5戦も去年同様勝てるだろうか。

「去年はプレイオフに出ることが目標だったが、今年は優勝が目標だ」と明言しているレブロンだが、もしかしたらという可能性を感じさせる。そのためにはまず第5戦を勝たなければならない。

この試合は今夜1時10分からBS1で放送されます。是非、是非、ご覧下さい。レブロンはとても22歳には見えない顔と体つきをしていますが、笑っているときはテディーベアに似ているなと思いましたが、いかがでしょう。




人気blogランキングへ

by dabadabax | 2007-05-30 16:58 | NBA
2007年 05月 29日

崖っぷち

a0035442_18464914.jpg

スパーズ対ジャズ第4戦、胃炎性のインフルエンザで午前中に点滴を受けたというデロン・ウィリアムスが、第3Q中盤にはショーを繰り広げ、11点差を1点差まで追い上げた。だがやはりただではすまないスパーズ。ジノビリーが22得点中16得点を第4Qにあげ、しかもそのうち11得点をフリースローであげるというアグリーなゲームを展開し、ジャズファンで埋まるアリーナは異様な雰囲気に。

スローンコーチもフィッシャーも終盤テクニカル ファウルを取られて退場となり、78-91とスパーズに負けたジャズは、絶体絶命に追い込まれた。1勝3敗と王手をかけられた第5戦は、1999年から18連敗と全く歯が立たないサンアントニオでの試合となる。

サンズ戦といい、このジャズ戦といい、汚いながらも最後はきっちり勝つスパース。清廉潔白のイメージでこれまできたが、今季のプレイオフはちょっと違う。若い選手が多いジャズも、胸を借りるつもりで第5戦にぶつかって欲しい。まだチャンスはなくなったわけではないのだから。




人気blogランキングへ

by dabadabax | 2007-05-29 19:10 | NBA
2007年 05月 28日

King James!

a0035442_14243298.jpg

ピストンズ対キャバリアーズ第3戦、やはりレブロンが立ち上がった。しかも今回は最後の最後で負けるのではなく、決めるところで決めてピストンズを88-82と突き放して勝利。キング・ジェイムスの名に恥じない、本領を発揮した見事な勝利だった。最後、ピストンズの追い上げにあって、ハラハラしたけれど、光が射してきた。

ルーキーのギブソンも最後素晴らしいプレイをいくつかして、試合後者のピストンズを圧倒。他の援護も得たキャブズが、シリーズを1勝2敗とした。22歳という若きキングは、NBA入りしてからおそらく一番重要だった試合を制し、「第4戦も勝って、3戦シリーズにする」ときっぱり宣言した。

これで東西カンファレンスとも俄然面白くなった。ジャズもキャブズも2勝2敗に戻してイーズンにしてくれれば、もっと面白くなる。NBAはやはり、こうでなくては!




人気blogランキングへ

by dabadabax | 2007-05-28 14:24 | NBA
2007年 05月 27日

明太子パスタ(日曜日の旨いもの)

a0035442_19444527.jpg

ちょっとご無沙汰した日曜日の旨いもの。我が家のシェフ特製のパスタです。昆布茶を隠し味にいれると辛さが全く消えて美味。パセリのみじん切りがいっぱい入っています。そして松前漬け用の昆布をいっぱい入れた浅漬けもいっぱい。野菜不足を補います。
a0035442_1951339.jpg


by dabadabax | 2007-05-27 20:55 | 食べ物
2007年 05月 27日

ALL THAT JAZZ

a0035442_13201274.jpg

サンアントニオでスパーズにコテンパにやられたジャズが、ホームに戻っての第3戦、なんと109-83と26点差をつけて圧倒した。全くスキを見せなかったあのスパーズである。(ジャズのホームはもう少し淡いブルーのTシャツを着たファンで埋まっていた)

弱冠22歳のポイントガード、デロン・ウィリアムスが、ダンカン、パーカー、ジノビリー相手に31得点をあげるとともに、後半のジャズの快進撃を牽引。前半43-47と4点差をつけられていたが、後半を66-36と圧倒する信じられない反撃だった。ダンカンをファウルトラブルに陥らせて26分19秒しかプレイさせず、16得点、8リバウンドに抑えたのが最大の勝因だろう。そしてここまで不振だったチームメイトから多くの援護も得た。

27得点、12リバウンドをあげたブーザーとウィリアムスのコンビは、かつてのマローンとストックトンのコンビを彷彿させる。これで次の第4戦も勝利すれば、面白くなる。ジャズはこれで今季のプレイオフ、ホームで7連勝。だがスパーズも黙ってはいないだろう。ね、himikoさま?

そしてレブロン率いるキャバリアーズ。26日の練習が終わった後、レブロンがコートの端から放った20m近いショットは、ずっと遠くにあるリングに吸い込まれた。去年も2連敗に追い込まれてからホームで盛り返しただけに、「これは経験済みだ。明日の第3戦は勝つだけだ」と言った。

そう、ジャズみたいにピストンズを圧倒して、去年みたいなエキサイティングなゲームにして欲しい。




人気blogランキングへ

by dabadabax | 2007-05-27 14:07 | NBA
2007年 05月 26日

いちご

a0035442_2271285.jpg

苺の苗を大事に育てていたら、真っ赤な実をつけ始めた。口に含んでみると甘くておいしい。このきれいな二つは親友にプレゼントした。とっても喜んだくれた。たった二つだけど。

そして「いちごの苗」を歌うSTAND WAVEのナミキさんは、石垣島で少しは元気になっているといいなと思う。

by dabadabax | 2007-05-26 22:12 | 雑感
2007年 05月 25日

白旗を掲げるのはまだ早い

a0035442_13101982.jpg

イースタン・カンファレンス・ファイナル・シリーズ、ピストンズ対キャバリアーズ第2戦は、やはり第1戦と同じ結果になった。

キャブズはハーフを50-38とリードしたが、第3Qには63-60まで追い上げられ、残り7分8分にラシード・ウォーレスのジャンパーで遂に逆転された。その後一進一退となったが、残り24秒、またもラシードのジャンパーで止めを刺された。最後レブロンの打ったボールはリムに嫌われ、ヒューズがリバウンドを取った。だがヒューズもショットを決められず、バレージョもティップインできず。79-76とまたしてもピストンズが逃げ切った。レブロンは19得点をあげたが、後半は5得点に終わった。

去年のカンファレンス・セミファイナルもキャブズは0勝2敗とされたが、そこから怒涛の3連勝を飾り、あわやと思わせた。だがその後2連敗して敗れ去った。そこから多くのことを学んだと言うレブロンだが、今季2戦ともほとんど勝ちを手中にしながら敗れた。

白旗を掲げるのはまだ早い。だが西のスパーズと同じくピストンズは最後の勝ち方を心得ている。




人気blogランキングへ

by dabadabax | 2007-05-25 13:52 | NBA
2007年 05月 24日

It Don't Mean a Thing

a0035442_1723226.jpg

It Don't Mean a Thing If It Ain't Got That Swing (エリントンの名曲、スイングしなけりゃ意味がない)

そう、ジャズはスイングしなけりゃ意味がない。第3戦はスイングできるかな。明日のレブロンはどうだろう。




人気blogランキング

by dabadabax | 2007-05-24 17:06 | NBA
2007年 05月 23日

参りました

a0035442_16152963.jpg

スパーズ強すぎます。もう向こうにはファイナルが見えてます。

himikoさま、やはりスパーズ対ピストンズがファイナルにふさわしいカードかもしれません。

今日の第2戦、第4Qに7点差まで追い上げたジャズに対して、スパーズはボウエンの3ポイント、ジノブリのバンクショット、フィンリーのダンク、ダンカンお得意のバンクショット、ボウエンの3ポイント、オベルトまでもがレイアップと(まだまだ続いた)、ジャズの若い面々にこれがプレイオフ・バスケットボールだぞと教えているような感じでした。はーあ、強かった。スパーズファンにはたまらない試合だったでしょう。

by dabadabax | 2007-05-23 16:48 | NBA