My favorite things 私の好きなもの

dabadabax.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2004年 09月 03日

こだわる理由、ハーレム(その10)


a0035442_18581621.jpg
ハーレムに10回も多くの写真を載せて、あきれた方もいらっしゃるかもしれません。すみません。でもハーレムに対する印象が少しでも変わったとしたら、そこに住む方たちにとっても私たちにとってもいいことでしょう。ハーレムに住む日本人も増えてきているということですので、私たちが得られる情報もこれからもっと増えることでしょう。興味をもたれた方はアキツさんのツアー、堂本さんのツアーに是非ご参加くださいね。

堂本さんにツアーをお願いしたときに、125丁目から始まったツアーの最後は155丁目のラッカーパークにお願いしました。午後2時から3時間のツアーは、快晴の天気が5時近くなると暗くなり、解散時には遂に雷がなり始めて豪雨となりました。同行の人たちはそれぞれミュージカルやセントラルパークに行くために地下鉄に乗りましたが、私だけ残りました。155丁目にあるストリートバスケットのトーナメントが行われるラッカーパークに行くためです。

堂本さんとメールを交わしたときに、ストバスに興味のある女性が是非会いたいと言っていると紹介されたのが、アキツさんでした。仕事を終えて駆けつけてくれたアキツさんは、急に中止になった試合がサウスブロンクスで行われるとのことで、地下鉄を乗り換え連れて行ってくれました。駅に着いたものの、一体どこで行われているのやら。大学の事務所で調べてくれた高校の体育館は幸い駅から2ブロックくらいでしたが、アキツさんの助けがなければ、絶対に行けなかったでしょう。本当にありがとうございました。

体育館の中では女子の試合の後、男子の試合が行われましたが、観客席は家族や友人でほぼ満員(勿論黒人ばかり)。もちろんNBAの試合ではないのですが、最前列で見る試合は結構迫力がありました。ちょうど隣の男性(41歳)がずっとストバスをやってきた人で、いろいろ説明をしてくれました。NBAにも詳しく、あれがロン アーテストの弟だとか、このところの選手のトレード話も詳しく説明してくれ、すっかりお友達になりました。8月のファイナルにも見にくればいいのにとお誘いを受けましたが、それは無理。また是非来たいからとメールアドレスを教えてもらいました。

6年前にハーレムに初めて来てから、私にとっては不思議な流れが続いています。この年になってハーレムにまで来てストバスを見るようになるとは思ってもみませんでした。でも自分の中では何かが始まっているような気がします。写真は雨の中、中止になったラッカーパーク(右の方)、ストバスをする人にとっては聖地です。ただのコートなのですが、トーナメントの規模は今年からアメリカ各地で予選が行われ、スポンサーも多くつく、一大トーナメントになっています。

by dabadabax | 2004-09-03 19:01 | NY-街並み


<< 焼きおにぎりをどうぞ      美しいハーレム(その9) >>