My favorite things 私の好きなもの

dabadabax.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 04月 29日

50勝チーム初のスウィープ

a0035442_1821287.jpg

レイカーズ対ナゲッツ第4戦、負けたら終わるナゲッツも前の3戦とは違い、果敢に戦った。13点リードを跳ね返して、第3Qには逆転。2点ビハインドで始めた第4Qにも再び逆転して、今日こそは勝てるかもと期待を抱かせた。だけどコービーに最後5分半の間に14点もあげられて107-101と敗れた。レギュラーシーズンで50勝もあげたチームが、ファーストラウンドでスウィープされたのは、史上初という屈辱的な敗退を喫した。

シーズン前に、「こんなに強い自分の周りに、下手な選手しかいないチームでは優勝できない」と、あれだけごねてトレードを要求していたコービー。今日の試合後のコメントでは、「ナゲッツには優れた選手がいっぱいいるが、そういうことは必要ない。肝心なのはチームの和。いかに一緒にうまくプレイできるかなんだ」と言われてしまった。

確かに4戦通してずっと見ていて、コービーの言っていることは正しいと思う。ナゲッツは本当にディフェンスができないし、まとまりに欠けていた。だけどコービーには言われたくなかった(笑)。





a0035442_18251333.jpg
東ではいつも冗談ばかり言う明るいキャラはやめて、プレイオフではマジになったハワードが、マジックを12年ぶりのセカンドラウンド進出に導いた。だけどリーグトップシードのセルティックスが、なんとなんと8位のホークスにまた負けてしまい、2勝2敗とされた。ホークスは若さと運動能力でずっと勝り、勢いに完全に乗っている。ホークスこそスウィープされると思われていたのに、分からないものだ。でもセルティックスがまさかファーストラウンドで敗退なんてことは、絶対にありませんように。

1勝3敗と王手をかけられているロケッツ、サンズ、マーベリックスは、明日の試合に勝てるのだろうか。ホークスみたいに頑張って欲しい。

ところでボブキャッツのコーチに67歳のラリー・ブラウンが決まったみたい。ヒートはパット・ライリーがやはり退いて、ACの弱冠37歳のエリク・スプネルストラをHCに昇格させた。片や1,010勝して殿堂入りも果たしている名将。片や全く未経験のHC。年齢には関係なく、起用するところもNBAの面白いところ。大いなる賭けである。プレイオフを逃したチームは、早くも来季に目を向けている。

by dabadabax | 2008-04-29 19:06 | NBA


<< 真っ赤なイチゴ(日曜日の旨いもの)      表参道のビュッフェ(日曜日の旨... >>