My favorite things 私の好きなもの

dabadabax.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 06月 07日

明日はファイナル!

a0035442_17351971.jpg


いよいよ明日に迫ったNBAファイナル。

外野ではスパーズが4連勝でキャブズを圧倒するとか、レブロンがNBAと契約する前に9000万ドルの契約をしたナイキが、ファイナルで2007年のプレイオフハイライトを特集したコマーシャルを展開するとか。レブロンの第2子がファイナル第5戦のころ誕生するが、レブロンは試合を優先すると言ったとか。NIKEはやはり先見の明があると思う。加入する前には17勝しかできなかったチームを、たった4年でファイナルに導いてしまったのだから。その意味ではジョーダンよりすごいとも言える。6回の優勝に並ぶには先が長いが。

私がサンアントニオに行ったのは1996年、ダンカンが入る前だった。当時ワシントンに住んでいた友人宅で歓待を受けた後、シカゴに行っていた友人とユナイテッドセンターでジョーダンの試合を2つ見て、その友人と一緒にサンアントニオに向かった。当時デイビッド・ロビンソンがちょっと好きで見たかったのと、シカゴに移籍したロドマンがいた街はどんなところかということに興味があった。

アラモの砦は今もその正面だけが残っているが、大事に保存されている。街の中央にはリバーウォークという運河のような美しい川が流れ、そこをはしけみたいな船に乗って巡ったり、観光バスにも乗った。いかにもテキサスの街という印象だったが、リバーウォーク沿いに立ち並ぶレストランで、好物のポークリブをほおばったことを思い出す。


ところで、今年のファイナルは全世界の205の国と地域で46カ国語で放送され、新たに中東にもアラビア語で実況中継されるそうである。選手も世界中から来るようになり、NBAの国際化はますます拍車がかかってきた。2006-2007シーズンはリーグ全体の20%にあたる85人のインターナショナル・プレイヤーが、世界37カ国・地域から来ている。プレイオフのロスターに28カ国と地域から60名のインターナショナル・プレイヤーがいたのは、新記録となった。

スパーズにはティム・ダンカン(USバージンアイランド)、フランシスコ・エルソン(オランダ)、マヌー・ジノビリー(アルゼンチン)、トニー・パーカー(フランス)、ベノ・ウドリー(スロバニア)の5名のインターナショナル・プレイヤーがいる。またキャブズにもジドリューナス・イルガウスカス(リトアニア)、アレクサンダー・パブロビッチ(モンテネグロ)、アンダーソン・バレージョ(ブラジル)がおり、NBAがもはやアメリカ国内だけのスポーツではないことがよく分かる。

3度の優勝経験を持つスパーズには、ロバート・オーリーという6個の優勝リングを持つプレイオフになると燃える選手もいる。センターはファブリシオ・オベルト対イルガウスカスの対決となるが、怪我を乗り越えてピストンズ戦でも活躍したイルガウスカスが優位。パワーフォワード、ダンカンにはドリュー・グッデンとバレージョがつくが、やはりダンカンの勝ちだろう。スモールフォワードのレブロンには、サンズとのシリーズでダーティーなプレイを繰り返したボウエンがマッチアップするが、これはレブロンが優位。シューティングガード、フィンリーとパブロビッチは、初のリング獲得を目指すフィンリーの勝ち。ポイントガード、パーカーには、ラリー・ヒューズもしくはシンデレラボーイとなったダニエル・ギブソンがつくが、スピードと経験に勝るパーカーの優位はいなめない。ヒューズは足の裏を傷めているし、ギブソンはもうスパーズに読まれているかもしれない。

控えも、ジノビリー、オーリー、ブレント・バリー、ジャック・ボーン、フランシスコ・ガルシアを揃えるスパーズが、バレージョ、ギブソン、デイモン・ジョーンズ、エリック・スノウのキャブズより、断然有利。コーチもキャブズのマイク・ブラウンコーチは、スパーズのグレッグ・ポポビッチコーチの下で3年間アシスタントコーチを務めており、スパーズが勝る。

と、スパーズに軍配を上げるこのマッチアップの予想は私の意見ではなく(少しは入っているが)、こちらのサイトの意見。だが「優勝する」と宣言してここまで上り詰めたレブロンが、いかにチームメイトをからめてスパーズを攻略していくか。すべての注目はレブロン、ダンカンに集まるだろうが、試合を制するのはディフェンスの差だと言われる。スパーズのディフェンスに翻弄されないように、キャブズは相当な戦略を立てなくてはいけないだろう。

ピストンズ戦でキャブズの終盤の勝利に大きな貢献をしたスノウが、キャブズでは唯一ファイナル出場経験を持つ。あの2001年のシクサーズでアイバーソンにボールを供給し続けたスノウが、ディフェンスでまた大きな役割を果たして欲しい。

まず第1戦をどちらが取るか、お楽しみは明日に迫った。

(写真はベランダに咲いた花々。小さな花束にしてみんなにあげました)



人気blogランキング

by dabadabax | 2007-06-07 17:37 | NBA


<< 怖ろしい蜂ースパーズ初戦勝利!      レブロン&ギブソン、ファイナルへ! >>