My favorite things 私の好きなもの

dabadabax.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 05月 31日

今年は2007年、奇数年

a0035442_209278.jpg

英文のリキャップを訳していて、うーーんと唸ってしまった。1999、2003、2005年の奇数年はスパーズが優勝。唯一の例外はレイカーズにカンファレンス・ファイナルで敗れた2001年。よって2007年の今年は、スパーズが優勝する年だそうだ。マブスやサンズの年ではなかった。うーーん。でも今日のもうすごいとしかいいようのない試合を見ると、それも頷ける。

スパーズ対ジャズの第5戦は、フィンリーのジャンパー2本で始まった。その後、ダンカン、パーカー、ボウエンらが、シュートクリニックかというくらい、ジャンパー、レイアップ、バンクショット、3ポイントと好き放題に決めて、第1Qを34-15と圧倒。圧巻はパーカーがダンカンに出したアリウープパス。キャッチしたダンカンがスラムダンク! 昨日のレブロンのアリウープダンクもすごかったけど、ダンカンもすごいのなんの。恐れ入りました。

ジャズは目のガンの治療をする10ヶ月の娘のいるNYに飛んだフィッシャーが、ハーフタイムには戻ったが、時既に遅し。109-84と25点差をつけられて負け、終わった。だがカンファレンス・ファイナル進出とは誰も予想だにしなかったジャズのここまでの快進撃は、今季のサプライズの一つだった。

現地6月7日(木)から始まるファイナルまでは、一週間の余裕があるスパーズ。イーストの2チームは、これは大変なことになった。早く片付けたいのは山々だろうが、まだ少なくても2試合は戦わなくてはいけない。明日もレブロン&ギブソン、頑張って欲しい。



人気blogランキングへ

by dabadabax | 2007-05-31 20:26 | NBA


<< 23番の継承者      若さと経験 >>