My favorite things 私の好きなもの

dabadabax.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 05月 25日

白旗を掲げるのはまだ早い

a0035442_13101982.jpg

イースタン・カンファレンス・ファイナル・シリーズ、ピストンズ対キャバリアーズ第2戦は、やはり第1戦と同じ結果になった。

キャブズはハーフを50-38とリードしたが、第3Qには63-60まで追い上げられ、残り7分8分にラシード・ウォーレスのジャンパーで遂に逆転された。その後一進一退となったが、残り24秒、またもラシードのジャンパーで止めを刺された。最後レブロンの打ったボールはリムに嫌われ、ヒューズがリバウンドを取った。だがヒューズもショットを決められず、バレージョもティップインできず。79-76とまたしてもピストンズが逃げ切った。レブロンは19得点をあげたが、後半は5得点に終わった。

去年のカンファレンス・セミファイナルもキャブズは0勝2敗とされたが、そこから怒涛の3連勝を飾り、あわやと思わせた。だがその後2連敗して敗れ去った。そこから多くのことを学んだと言うレブロンだが、今季2戦ともほとんど勝ちを手中にしながら敗れた。

白旗を掲げるのはまだ早い。だが西のスパーズと同じくピストンズは最後の勝ち方を心得ている。




人気blogランキングへ

by dabadabax | 2007-05-25 13:52 | NBA


<< いちご      It Don't Me... >>