My favorite things 私の好きなもの

dabadabax.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 04月 30日

Can you believe it?

a0035442_15571328.jpg

"Last day! Can you believe it?''
と、ドン・ネルソンコーチが興奮して語ったのは、4月18日、レギュラーシーズンの最終日。ウォリアーズがブレイザーズを120-98と撃破して、13年ぶりのプレイオフ出場を決めた日だった。相手に決まったのは、ウェストのみならずリーグ1位の成績をあげたマーベリックス。誰もがスウィープ(7戦シリーズを4連敗して敗退すること)されると思ったのは当然である。

だがだが、そのマーベリックスを今日も下し、なんと3勝1敗と王手をかけてしまった。第1Qは21-27とリードされたが、第2Q最後にこのシリーズ、チームの救世主となるバロン・デイビスが、ブザービーターとなる3ポイントを決めて49-49の同点に追い上げた。第3Q残り1秒にもデイビスがスラムダンクを炸裂させて、77-77の同点に。だが第4Q残り7分21秒には81-88とリードされ、今日はマーべリックスが勝つと思われた。

しかしそこから凄まじい反撃を開始して、残り2分33秒にはデイビスのレイアップで91-90と遂に逆転に成功。絶対に負けられないマーベリックスも必死に追い上げたが、103-99とウォリアーズが逃げ切った。最後3点差となった残り3秒を切った場面、マブスのハリスのインバウンド・パスをピートラスがインターセプトすると、アリーナは更にヒートアップ。ネットでラジオ放送をずっと聴いていた私も、思わず、こんなことってほんとにあるんだと思ってしまった。

Can you believe it?

NBA史上、8位が1位を破ったのはこれまで2チームしかない。運命の第5戦は、5月1日(日本では2日)、ダラスで行われる。

ベランダのバラが咲き始めた。この赤い情熱的なバラを、ブルズにスウィープを喫して敗れ去ったヒートに捧げる。ディフェンディング・チャンピオンが、まさか4連敗してここで敗退するのも予想外だったが、今季の開幕戦に66-108とブルズに42点差もつけられて粉砕されたときから、こうなる運命だったのかも知れない。

他にはサンズがレイカーズを破り、ネッツもラプターズを下して、それぞれ3勝1敗と王手をかけた。昨日はキャブズがウィザーズを下して3勝0敗とし、次の試合でスウィープしそう。またジャズはロケッツに2連勝して2勝2敗に戻し、俄然面白くなった。スウィープなんて屈辱的な負けでシーズンを終了することなく、イーブンに戻すプライドを見せて欲しい。明日のナゲッツにも是非、ダンカン&スパーズを攻略して欲しい。

各試合のビデオを見たい方はこちらから。私が訳している試合結果を読みたい方はこちらから、是非どうぞ




人気blogランキングへ


by dabadabax | 2007-04-30 16:45 | NBA


<< 拝啓アントワン・ジェイミソン様      イエローパワー >>