My favorite things 私の好きなもの

dabadabax.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 09月 06日

博多から来た女(ひと)

a0035442_19131374.jpg

a0035442_19261810.jpgブログを始めて2年少々、これまで何人もステキな方に会ってきた。だけどこのhimikoさまほど、驚いた人はいなかった。ブログ上で初めてできたNBA大好きという友人は、写真のようにセンス抜群で、とってもお洒落で美しい人だったことにも驚いた。だけど中学の時からずっと続けているというバスケ、現役の選手兼監督兼マネージャーをこなし、仕事の後、週に3回も練習をして、春、秋は何試合も試合をこなすというタフさにはもっと驚いた。「シューティングガードをやっているんだけど、3ポイントが決まるあの快感はたまらないのよね」とさらっと言う。「バスケは見るのも面白いけど、やったらもっと面白いわよ」って、主婦でもある彼女の生活の中心はバスケのよう。何にも勝るみたい。

「東京まで決勝を見に来ませんか」という私の誘いに、一度は断りながらもすぐに来ると言う。聞けばこれまでもNBAのジャパンゲームはほとんど見に来ているそうだ。恵比寿ガーデンプレイスにある東京写真美術館で中村征夫の写真展、海中2万7000時間の旅を見た後、38階でランチのビュッフェ(ここ、きららは安くて美味しくて絶対お勧め。平日はなんと1000円。休日も1350円で食べ放題。景色は抜群。もちろんエビスビールで乾杯)。その後、埼玉スーパーアリーナまで行き、決勝と7、8位決定戦を見た。大好きなノビツキーを見て感激し、スペインの基本に忠実なバスケに感嘆して、大喜びだった。

「福岡の休日」という美しい写真集をお土産に頂いた。激しいバスケをこよなく愛する心の他に、山菜取りの名人で「またぎ」という別名を持つ。はたまた荒れ狂う風が大好きで、車を6時間も飛ばして天草まで台風で荒れる風を見に行くと言う。しとやかな奥様にしか見えない彼女のどこに、そんな爽快な気持ちが潜んでいるんだろう。こんな人には初めて会った。東京から帰った日の夜にはもうバスケの練習をしたと言う。

ブログって本当に面白い。ブログがなければ、いつも野菜を送ってくれる彼女のように細やかな優しい心を持ちながら、なおかつ好きなものを徹底してやるというパワフルな人には出会えなかった。これからもどうぞよろしくね。

a0035442_19164294.jpg

和食中心で、野菜も魚もデザートも充実していて、とっても美味しい。夜は東京タワーに六本木ヒルズにと、夜景もきれいだろうなと思った。
a0035442_19182211.jpg

a0035442_19205231.jpg




人気blogランキングへ。Thank you for your click.


by dabadabax | 2006-09-06 20:36 | NBA


<< リトアニアから来た人々      LAから来た人、コービー >>