My favorite things 私の好きなもの

dabadabax.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 09月 04日

スペインから来た女(ひと)

a0035442_13541686.jpg

FIBA世界バスケットボール選手権、準々決勝でチームUSAを101-95とまさかの番狂わせを演じてというか、圧倒的な強さで下して決勝進出を果たしたギリシャ。対するスペインは大黒柱パウ ガソル(下の写真の右から二人目の松葉杖の選手。だがここまでの活躍で今大会MVPを受賞。NBAメンフィス グリズリーズのエース)がアルゼンチンとの死闘で左足指を骨折というアクシデントに見舞われ、苦戦が予想された。

そんな中、スペインからはるばるこの決勝戦に応援に来たという女の子たち。試合前にフェイスペイントをしていた姿を撮らせてもらいながら、スペインはコテンパにやられるだろうなあと私は内心思っていた。

ところがところが、そのスペイン、第1Q序盤に逆転に成功するとハーフタイムには43-23と20点差もつけてギリシャを圧倒。後半に入ってもその力は衰えず、70-47とあのアメリカをぶっ飛ばしたギリシャを47点に抑えて、ブッチギリの優勝を飾った。あの女性たちも、初優勝の歓喜に酔いしれているだろうなあと私も嬉しくなった。

8月19日から始まった今回の選手権。バスケットボールは最早NBA対世界でも、NBA対NBAでもなく、世界対世界のものになっているんだと強く感じた。またNBAだけでなく、世界のバスケットボールが美しく且つ楽しいと感じた素晴らしい大会だった。日本でこんな最高レベルのバスケットボールが見られるなんて、本当に幸せだったし、感激した。ますますはまりそう。

大感動のうちに終わった大会のフラッグは、4年後の開催地、トルコにしっかりと受け継がれた。だがその前の次なる舞台は2008年のオリンピック開催地、北京。北京での金メダル獲得に照準をあてて結成された現在のチームUSAに絶対に優勝して欲しい。だけどその前に今回活躍した多くの素晴らしい選手たちに是非NBAに入ってプレイして欲しい。ギリシャのパパルーカスやベイビーシャックと言われるスコーツァニーティスなどが入ったら、より一段とNBAは面白くなると思うのは私だけではないはず。
a0035442_13552213.jpg


これからMe.81(昨シーズン、1試合で81点なんて点をあげ、こう呼ばれる)こと、コービー ブライアントが代々木公園にくるというので、行ってきます。コメントが遅れてすみません。もう少し待ってくださいね。


人気blogランキングへ。Thank you for your click.


by dabadabax | 2006-09-04 14:08 | NBA


<< LAから来た人、コービー      アメリカ敗退! >>