My favorite things 私の好きなもの

dabadabax.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 08月 04日

レブロン ジェイムス来日!

a0035442_13214470.jpgNBAのクリーブランド キャバリアーズというチームで2年目を終えたレブロン ジェイムス。なぜ弱冠20歳の若者がキング ジェイムスと呼ばれ、マイケル ジョーダンの後継者になると言われるのか。日本ではキャバリアーズの試合はほとんど放送されないのでご存知ない方も多いと思うが、あと4、5年すれば必ず彼の時代になるのではと思われる超スーパースターである。

極貧の生活環境から、高校生になってバスケットで一躍有名になり、全米中に熱狂的なレブロン旋風を巻き起こしたジェイムス。高校オールスターで3大会連続MVPを受賞し、NBAのドラフトで全体1位指名を受ける前にNIKEと7年間9000万ドル(約108億円)、契約金1000万ドル(約12億円)の契約を結んだ。ジョーダンがNIKEと初めて契約した84年は5年間で250万ドル。アイバーソンのリーボックとの94年の契約は10年間5000万ドルだったことを考えると、いかに破格かがわかるというもの。

キャバリアーズはジェイムスが加入する前は17勝65敗とディビジョン最下位だった。だが加入後1年目は35勝47敗に導き、ルーキー オブ ザ イヤーを受賞。ルーキーで平均20.9得点、5.5リバウンド、5.9アシストと、20得点、5リバウンド、5アシストを上回ったのは、ロバートソン、ジョーダンに次いでわずか3人目という快挙を達成。2004-5シーズンは最後に失速したため、42勝40敗でプレイオフ進出を最後に惜しくも逃したが、成績は27.2得点(リーグ第3位)、7.4リバウンド、7.2アシストと大幅に上昇させた。オールスターの先発にもファン投票で選ばれ、13得点、8リバウンド、6アシストを記録し、イースト勝利に貢献した。

来季はチームに昨季大活躍したラリー ヒューズも加入し、レブロンの更なる飛躍が予想される。今回のNIKEのイベントに参加した子どもたちは、まだレブロンのすごさを知らないかもしれないが、レブロンがプレイオフに進出し、リーグ優勝を果たす力をつけてくると、あのときのレブロンだと必ず驚嘆するに違いないと思う。

今回のイベントではHORSEと呼ばれるゲームを、LBJの3文字で行ったが、フリースロー、3ポイント、ダンクと、その力を遺憾なく見せてくれた。といってもタンクトップになって少しマジになったのはほんのわずかな時間だったが。
a0035442_1323308.jpga0035442_1327656.jpg

a0035442_13281942.jpg

a0035442_13312795.jpg

a0035442_13322765.jpg

a0035442_13394070.jpg

a0035442_1341835.jpg
a0035442_13422551.jpg

a0035442_13441960.jpg
レブロンを間近で見た子どもたちは、是非その雄姿を覚えておいて欲しい。何年かのうちにNBAの頂点に立つと予想される選手だから。そのためには優秀なコーチとチームメイトが必要なのは言うまでもないが。 

NBAの入り口に入れないで苦労している田臥に、その力をほんの少しでいいから分けて欲しいが、スポーツ、特にプロの世界ではそんなことはあり得ない。現在の田臥とレブロンの立場は違いすぎるが、2人の更なる飛躍を応援したいと思う。NBAをご存知ない方も、レブロン ジェイムスっていう名前と顔は覚えておいて下さいね。

by dabadabax | 2005-08-04 14:34 | NBA


<< 地蔵ケルンとアキアカネ      田臥勇太とレブロン ジェイムス >>