2014年 06月 02日

サンダー敗れる

現地5月31日ホームで行われたカンファレンス・ファイナル第6戦、サンダーは残り0.09秒、ウェストブルックがフリースロー2本を決めて第4Q初めの12点差を跳ね返し、オーバータイムに持ち込んだ。だがダンカンに残り19秒にショット、ボリス・ディーオウにもフリースローを決められ、112-107と敗れた。

スパーズ相手に2勝しかできず、サンダーの今シーズンが終わった。初のリーグMVPに輝いたケビン・デュラントの今季の奮闘は、またも報われなかった。残念。

それにしても左足の怪我が悪化したパーカーが後半欠場したというのに、2年連続ファイナルに進むスパーズはすごいとか言いようがない。昨シーズン、ヒートに負けた雪辱をはらせるかどうか。ファイナルは日本時間6日(火)から始まる。

サンダーのフィッシャーは、ニックスの次期HC招聘の話があるとか。ゆっくり考えたいと言っている39歳のフィッシャーにはまだサンダーに残り、是非ファイナルに導いて欲しいと思うのだけど。

by dabadabax | 2014-06-02 22:56 | NBA


<< 坂本さんの東京、西荻窪での個展...      いよいよプレイオフ!! >>