2014年 03月 18日

フィル・ジャクソン氏がニックスのプレジデントに

毎日バタバタしていたら、前回更新してから3週間も経ってしまった。3月11日の東北大震災の3周年を挟んで、韓国で3年前に会い友達になった姉妹が東京に来て楽しい日々を過ごした。

そしてその間にサンダーはウェスト首位の座をスパーズに奪われ、スパーズはなんと10連勝中で50勝1番乗りを果たした。高齢化が進むというのに、どうしてスパーズはこんなに強いのだろう。3位クリッパーズも11連勝と快進撃を続けていたが、現地17日にナゲッツに敗れ、当日勝利したサンダーとのゲーム差は2ゲームとなった。残り1月を切ったが、ファイナルに出るのはこの3チームだろう。2位サンダーと1位スパーズのゲーム差はわずか1.5ゲームなので、逆転も十分ありえる。

一方、イーストはここ10試合、1位ペイサーズは6勝4敗、ヒートはなんと5勝5敗と低迷。だが50勝を達成したペイサーズは2位ヒートに3.5ゲーム差をつけ、3位ラプターズとの差を12ゲームと大きく離しているだけに、ファイナル進出はこの2チームのどちらかになるのではないだろうか。

6位ブルックリンがここ10試合で8勝2敗、ニックスもなんと6連勝を飾り、9位に上昇してきた。そのニックスにあのフィル・ジャクソン氏がプレジデントになることが明日発表になる。来シーズンからが本当に楽しみになった。また14位シクサーズはチーム新記録となる21連敗中。今シーズン初戦王者ヒートを破り、出足が良かっただけに悲しい。

by dabadabax | 2014-03-18 23:13 | NBA


<< シクサーズ、リーグ記録タイの26連敗      サンダー、連敗脱出 >>