2014年 02月 21日

サンダー、ヒート&レブロンに完敗

オールスターはイーストが逆転勝ちし、ウェストに3連敗していた雪辱を晴らした。そして前半ウェストトップで折り返したサンダーは後半最初となった現地20日のゲーム、右膝を手術して27試合欠場していたウェストブルックが復帰して、ホームにヒートを迎え撃った。

だが第1Qだけで34-17と大差をつけられ、前半最後には7点差まで追い上げたが、後半また引き離され、103-81と完敗。レブロンは後半ダンクに行くところをイバカに鼻を叩かれ、血を流したが33得点、ウェイドとボッシュも各24得点を記録。ヒートは今季の対戦成績を1勝1敗のタイとした。、

デュラントは28得点をあげたが、レブロンの方がまだまだ上手だった。

現地21日の発表によると、レブロンの鼻は骨折が判明。23日のブルズ戦にはマスクをつけてプレイするかどうかはまだ決まっていないようだ。ヒートは残り29試合中177試合がホームゲーム。イースト1位ペイサーズとのゲーム差を1.5ゲームとし、首位奪還を狙う絶好のチャンスとなるだけに、レブロンもプレイしなければと思っているだろう。それにしても痛いだろう。

by dabadabax | 2014-02-21 23:48 | NBA


<< サンダー、連敗脱出      サンダー、ブレイザーズとの激闘を制す >>