My favorite things 私の好きなもの

dabadabax.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 04月 28日

ネッツ対ブルズの死闘

a0035442_2264612.jpg
(NYの5番街にあるNBAストア。以前の店と比べて小さくなったが、中に入るとNBAグッズばかりでファンには楽しいところ。ニックスのカーメロのジャージが現在リーグトップの売上げなのも、NYにとっては嬉しいことだろう。)

現地27日に行われたブルズ対ネッツ第4戦。壮絶な試合だった。ネッツは第4Q残り3分45秒には109-95と14点もリードし、誰が見ても勝利は確実だった。だがそこからネイト・ロビンソンが3ポイント、レイアップ、ジャンパー、3本のフリースロー、ジャンパーと立て続けに決めて、残り1分40秒には109-104と2点差に追い上げ、オーバータイムに持ち込むビッグヒーローになった。3度のオーバータイムの結果、なんとブルズが勝利。シリーズを3勝1敗とし、王手をかけた。

もしネッツが負ければ、カーリシモHCはクビになるのではないか。ロビンソンは第4Qに23得点も挙げたが、ジョーダンが1990年シクサーズ相手にカンファレンス・セミファイナル第3戦第4Qに24得点を挙げたのに次ぐ記録だそうだ。オールスターのダンクコンテストであのハワードを飛び越えてチャンピオンになった時もすごかったけど、すごい。

グリズリーズ、ホークスはそれぞれクリッパーズ、ペイサーズに圧勝。グリズリーズは2勝2敗、ホークスは1勝2敗とした。

そしてサンダー。26点ものリードを失い逆転を許したが、デュラントの値千金の3ポイントを決めて勝利。ロケッツに王手をかけた。

明日はいよいよ、レイカーズ、バックス、セルティックスの運命が決まる日となるかもしれない。

by dabadabax | 2013-04-28 20:07 | NBA


<< レイカーズ敗退      レイカーズ、セルティックス、バ... >>