My favorite things 私の好きなもの

dabadabax.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 04月 27日

レイカーズ、セルティックス、バックス、ピンチ!

a0035442_0123199.jpg
(ハーレムにあるコート。この辺りはとても美しいところだった)
現地25日に行われたヒート対バックス第3戦、ホームに戻ったバックスがリードを奪っていたが、ヒートが第3Q終盤に23-7の猛攻に出て104-91で勝利。レイ・アレンが5本の3ポイントを決めて、レジー・ミラーの持つプレイオフ歴代3ポイントを記録を抜く322本の新記録を打ち立てた。

レブロンの活躍は言うまでもないが、現在のヒートに欠かせない助っ人、クリス・アンダーソン。この試合も14分のプレイで5本のショットすべてを決め、6リバウンドを奪った。”バードマン”のニックネームを持つアンダーソン、こんなド派手な髪型とカラフルなタトゥーだらけの選手はNBA史上初ではないだろうか。あのロドマンも真っ青である。まあこの写真を見てください。試合が見られればもっといいのですが。ディフェンスの鬼みたいな選手です。

また今日26日行われたセルティックス対ニックス戦、爆破事件以来初めてボストンで行われたが90-76でニックスが勝利。怪我を押して出場したガーネットも12得点、17リバウンドと頑張ったが、今のニックスには敵わない。

そしてスパーズ対レイカーズは120-89とスパーズが制した。怪我人だらけのレイカーズにプレイオフ史上最悪の敗戦を見舞った。第4戦は満身創痍でプレイしているメッタ・ワールドピースも出られないようだ。もう絶体絶命のピンチである。

一方、左足首を捻挫しながらプレイしているカリーが29得点、11アシストを記録して、ウォリアーズが110-108で勝利。シリーズを2勝1敗とリードした。このシリーズは力が均衡しているだけに、見ていて面白い。

バッドニュース!! サンダーのウェストブルックが、第2戦で痛めた右膝の軟骨損傷修復のために手術を受けることになり、無期限の戦線離脱となった。プレーオフ最初の2戦で平均24得点、7アシストを記録しているだけに痛い。
a0035442_0273611.jpg


by dabadabax | 2013-04-27 23:04 | NBA


<< ネッツ対ブルズの死闘      プレイオフ各チーム2試合経過 >>