2013年 02月 12日

NBAの仕事を辞めました

NBAジャパンのオフィシャルサイトができたのは1998年だったでしょう。その前からずっと仕事をさせて頂いた仕事を、この1月で辞めました。

何よりもNBAが好きな私には大きな決断でした。でもNBAジャパンがなくなり、サイトの仕事が外の会社に移譲され、その会社からまた違う会社に。その会社の方針になかなか合わなくなり、思い切って辞めることにしました。12月末にパソコンのサイトはまた他の会社に変わったので、辞め時だったのかもしれません。

NBAジャパンのときには、開幕戦からプレイオフファイナルまで、すべてのリキャップを読んでいました。でもその後は人気カードしか読まなくなっている自分がいました。でもこうしてNBAの仕事を辞めてからは、改めてすべての試合のリキャップをじっくり読んでいます。本当に面白く、私はやはりNBAの試合が好きなんだなあと思います。それはこれからも変わらないでしょう。辞めた後悔は全くありません。
a0035442_0152485.jpg

写真は去年11月初めに行ったNYはハーレムの125丁目を歩いていた時に見つけたアイバーソン。先月末にマブス傘下のDリーグのチームから受けた誘いを拒否。あくまでもNBA復帰を目指しているとのことですが、どこからも誘いはありません。40歳になったグラント・ヒルもクリッパーズで活躍しているのを見ると、どんなに復帰を望んでいるかと思います。シクサーズに復帰を願っているようですが、ああいう形でやめただけに難しいでしょう。

あれだけ最愛の妻と呼んでいた奥さんとの離婚も成立したようです。あれだけの才能をあんな形で終わらせるのは、本当にもったいないこと。何らかの形で復帰できるといいのですが、レジー・ミラーのような解説者には向かないでしょうか。

by dabadabax | 2013-02-12 00:15 | NBA


<< マイケル・ジョーダン対レブロン...      冬の午後 >>