My favorite things 私の好きなもの

dabadabax.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 03月 02日

NBA This Week No.16

a0035442_14131346.jpg私の書いた記事、混迷の中盤戦がアップされました。オールスター前からの2週間の全試合をまとめたので少々長いのですが、読んでくださいね。East Week16もあわせて読んで下さると嬉しいです。これまでのは左上のJapan Newsの中にあります。レギュラーシーズンは4月20日まで続きますが、上位8位までのプレイオフ進出枠を目指して、ここから本当に熾烈な戦いが始まります。

ところでオールスターでMVPを獲得したアイバーソンのチームに、なんとウェストの強豪、サクラメント キングスの顔だったクリス ウェバーがトレードとなり加入しました。これはすごいこと、松井とイチローが一緒になったよりすごいことなんです。ウェバーの初戦は負けましたが、先ほど終わったゲームではアイバーソンが48得点と爆発して勝ちました。現在イースタン カンファレンス9位のシクサーズですが、是非8位までに食い込んでプレイオフ進出を果たして欲しいものです。注目のマッチアップに書きましたが、今週土曜日深夜午前1時10分からBS7でシクサーズ対キャバリアーズの試合が放送されます。今をときめくレブロン ジェイムスとのアイバーソンの対決は非常に面白いと思いますのでご覧下さいね。アイバーソンとウェバーの連携も注目です。

niwaさんのレジェンドの生き様も是非お読みくださいね。カール マローンとレジー ミラーは二人とも90年代後半に大活躍し、ファイナルまで進出しましたが、優勝は叶いませんでした。マローンはユタ ジャズ一筋でプレイしてきたのですが、どうしても優勝リングが欲しくて昨シーズン、ロサンゼルス レイカーズに移りました。途中怪我をして休みましたが、復帰してファイナルまで何とかチームを引っ張りました。でもファイナルの第4戦に再び膝を痛めて第5戦に出場できず、優勝は夢と終わりました。97、98シーズンにもジャズでファイナル進出を果たしましたが、いずれもジョーダンのいたブルズに敗れ去っています。97年のシーズンにNBAの仕事を始めた私はそのファイナルを必死に見ていましたが、ジョーダンの栄光の陰で去って行く憔悴したマローンの姿を気の毒に思いました。でも勝負の世界は非情です。通算得点も歴代1位を記録することなく、引退することになりました。

またミラーは今もインディアナ ペイサーズでプレイしていますが、今季限りでの引退を表明しました。歴代1位の3ポイント成功数を誇るミラーは、なんといっても残り数秒になってから相手の息の根を止める必殺打を何回も決めることから、ミラータイムという異名をとっています。一番有名なのは1995年5月7日のニューヨーク ニックスとのプレイオフ。残り8.9秒で6点のビハインド。誰もがニックス勝利を確信していた場面で、ミラーはなんと8得点を入れて逆転勝利に導いたのです。前に紹介した大のニックスファンでいつも前列に座って応援している映画監督スパイク リーに、自分の首を絞めるジェスチャーを見せて、ニックスはもう終わりだぜってアピールしたんです。でもカンファレンスファイナルで、シャキール オニールが当時いたオーランド マジックに敗れ去りました。こちらでミラータイムのショットを見ることができます。またクラッチシューター レジー ミラーは去年のプレイオフで私が訳したものです。

今季11月19日のピストンズ戦で暴行事件を起こして主力数人が出場停止処分を食らい、低迷を余儀なくされたペイサーズですが、ここにきてようやく調子をあげ、現在イースタン カンファレンス8位に上昇してきました。ミラーのNYでの最終試合は4月5日。スパイク リーももちろん来るでしょう。どういう試合になるのか、とても楽しみです。できればミラーにイーストトップにまで進んでファイナルに出て欲しいですが、そこに至るまでにはヒートやピストンズが待っています。道は困難で長いのです。

by dabadabax | 2005-03-02 14:09 | NBA


<< 満開の河津桜      ああ、金目鯛 >>