My favorite things 私の好きなもの

dabadabax.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 07月 12日

ハワードのネッツ行きはならず

a0035442_21205363.jpg
六本木アークヒルズ

NBA屈指のセンター、ドワイト・ハワードは、リーグのディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーを3度受賞するなど、輝かしい戦歴を持っている。オールスター、ダンクコンテストではスーパーマンを演じ、シャキール・オニールなきリーグをパワフルなプレイと、ユーモアあふれる姿で引っ張っている。

だが、2009年にファイナルに進出して以来、伸び悩むマージックにあって、去年開幕時にトレードに出せと要求。3月には契約の最終年の来シーズンを前に、もう1年マジックでプレイすると言ったかと思えば、シーズン終了後には、やはりネッツに行きたいとトレードを要求。ハワード狂騒曲を演じ、HC、GMまでをも首にしたマジックを困らせている。

今日現地11日はリーグがFA選手と契約できる日だったが、マジックはネッツとの交渉をまとめることができず、ハワード放出はならなかった。もしマジックが来シーズンのトレード期限までにハワードを放出できなければ、シーズン後にマジックになんの見返りもなしに、ハワードは他チームに行くことができる。それだけは絶対に避けたいマジックの苦悩は、これからも続く。反対に、ハワードを獲得できなかったネッツの来シーズンは結構明るいかもしれない。今日まとめた記事はこちらです。

ヒートと正式に契約したレイ・アレンとラシャード・ルイスの記事はこちら。ヒートはリーグでもトップの3ポイント名手を2人も手に入れ、リーグ最高のスーパースターたちを揃えた。このヒートを倒すチームが果たしてあるのだろうかという強いチームになった。

by dabadabax | 2012-07-12 21:03 | NBA


<< 石巻からのはがき(7月)      慶州の瞻星台(チョムソンデ) >>