My favorite things 私の好きなもの

dabadabax.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 07月 05日

ナッシュがレイカーズへ

a0035442_21133327.jpg
FAとなり、どこへ行くかと注目されていたスティーブ・ナッシュが、なんとレイカーズへサイン&トレードとなった。ニューヨーク・ニックスに行くのではと思われていただけに、どうして長年宿敵だったレイカーズなんだろう。

詳しくは今日まとめた記事をどうぞ。3人の子供の近くにいるためには、やはりウェストにいることが必要。またリーグ入りしてずっと追い求めた優勝を果たすためには、やはりレイカーズということらしい。コービーが先頭に立ってナッシュ獲得に動いたそうだ。またトレードの噂が絶えないガソルも、すごく興奮しているというコメントをしている。

もしガソルが残ることになれば、レイカーズはコービー、ナッシュのバックコートに、ガソル、バイナム、ワールドピース(未だに慣れない名前)のスターター。これでサンダー、スパーズに勝てるだろうか。でも、ますます熾烈な戦いになりそうな来シーズンである。

だけど、38歳のナッシュが加入することになり、トレードに出された36歳のフィッシャーは何を思っているだろう。

ところで、ナッシュには3人の子供がいるとのことだが、確か3番目の子供が生まれてすぐに離婚したはず。調べてみると、信じられない事実が。でも、多分本当のことなのだろう。

最初の2人は双子の女の子だったが、3番目の男の子が生まれたら黒人だった。ナッシュ夫妻は2人共、白人。それで父親は当時ナッシュのチームメイトだったジェイソン・リチャードソンだと判明したらしい。だから生まれた翌日に、離婚したのだ。でも2人共、その数カ月前から別居していて、ナッシュも22歳の女の子とデートを繰り返していたとか。いろいろ、本当に大変な人たちだ。リチャードソンはそのすぐ後、マジックにトレードに出された。なるほど。

ナッシュの元奥さんと子供たちの写真。とっても可愛い子供たちなのに、親の勝手なエゴに苦しめられませんように。

by dabadabax | 2012-07-05 21:02 | NBA


<< 今度はキッドがニックスへ      浅川巧著 「朝鮮民芸論集」 >>