My favorite things 私の好きなもの

dabadabax.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 06月 05日

シャキール・オニールが引退

a0035442_0121583.jpg
 (2009年フェニックスで開かれたオールスターに、コミカルなダンスで登場したシャック。当時サンズにいたシャックは、確執が続いていた元レイカーズのチームメイト、コービーとMVPを共同受賞。仲良くトロフィーを掲げていた姿が印象的だった)

ボストン・セルティックスのシャキール・オニールが引退を公式に表明した。NBAのことを知らない方でも、新聞やテレビで一度は見たことがあるのではと思います。詳しくはこちらのウィキペディアにをご覧ください。

自称スーパーマンは本当に強かった。ブルズで6回ジョーダンと優勝を達成したピッペン。ブルズ解体後、ロケッツの次にブレイザーズに移籍。2000年のカンファレンス・ファイナルで恩師フィル・ジャクソンHC率いるレイカーズと対戦。第7戦で大量リードを奪っていたのに逆転され、敗れ去った。シャックのパワーに対抗できなかった。

そしてそして、忘れもしない翌2001年のファイナル。アイバーソンが当時レイ・アレンのいたバックスとの7戦にわたる死闘を制して初のファイナルに進出した相手が、またもレイカーズ。オーバータイムにもつれ込んだ初戦を勝ったが、その後4連敗して敗退。またも怪物シャックに敵わず、その後アイバーソンは2度とファイナルに出られなかった。もうあれから10年もたった。

1995年、ジョーダンが野球から復帰した3月、アトランタでジョーダンの決勝打で勝ったすごい試合を見て、NYでジョーダンが55得点を挙げてニックスを破った試合が私がNBAに完全にはまったきっかけだった。そしてその途中にオーランドにも行って、当時飛ぶ鳥を落とす勢いだったシャック、ペニーのコンビを観たのも、今となっては懐かしい思い出。

シャック様、19年の活躍、御苦労さま。でも私には、好きなピッペン、アイバーソンの夢を砕いた憎い存在だ。ごめんなさい。でも憎いくらい強くて、相手チームは"'ハック・ア・シャック'するしかなかった(シャックに抱きついてファウルし、下手なフリースローを打たせた作戦)

あなたが「リングを取りに行け」と応援する元チームメイトのウェイドとレブロン、第2戦まさかの大逆転負けを喫して、明日からダラスで3連戦。果たしてどっちに勝利の女神がほほ笑むのでしょう。ダラスは5年前に2連勝しながらやられただけに、敵意むき出しでぶつかってくる筈。ノビツキーとキッドにもリングを取ってほしいけど、やはりヒートのスーパースリーが優勝するのをみたい。キッドとノビツビキーの優勝の夢を木っ端微塵に粉砕したのもあなたでした。S・オニールがL・ジェイムスとD・ウェイドに"優勝しろ"と激励

by dabadabax | 2011-06-05 22:45 | NBA


<< ファイナル第5戦を前に      いよいよ2011ファイナル開始!! >>